節水便器に取替え床を作り直すトイレの全面リフォーム 浜松市東区 令和1年6月

 前回に引き続き浜松市東区のお宅の、床を解体して作り直して廊下とバリアフリーにし、節水便器に取替え内装を貼り替えるなど、トイレの全面リフォームのご紹介です。

リフォーム前の2階のトイレ
リフォーム前の2階のトイレ。
リフォーム前のトイレの入口の段差
廊下より8cm程トイレの床が高くなっています。以前はほとんどの家で、脱いだスリッパにドアが当たらないような作りになっていました。
床を解体したリフォーム中のトイレ
床と右側の壁を解体した、リフォーム中のトイレ。手洗器を新たに取付けるので、配管を延ばしています。
床を作り直したリフォーム中のトイレ
床が下がった分、壁の下を継ぎ足し、廊下とフラットになるように床を作り直したところ。
リフォーム後の2階のトイレ
内装を貼り替え、節水便器や手洗器を取付けた、リフォーム後の2階のトイレ。

 1階のトイレもこの2階とまったく同じ工事でバリアフリーにしています。ドアは床が下がった分、下が開いてしまうので作り直すことが多いのですが、良いドアでもったいないのでウチの大工がドアの下に材木を加工して取付け、塗装して1・2階共再利用することにしました。

 

 このような床を解体して作り直すなどのトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のトイレのリフォーム施工事例はこちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg