介護保険を使ってアプローチに手すりを取り付けるリフォーム 浜松市西区 令和2年5月

 浜松市西区の中古住宅のリノベーションで、玄関前のスロープのアプローチに、介護保険を使って手すりを取り付ける、ご高齢者対応のリフォームをしました。

手すりの取り付けリフォーム前のアプローチのスロープ
手すりの取り付けリフォーム前の、玄関アプローチのスロープ部分。スロープを上がった所は白の玉石が敷いてありました。
アプローチのスロープに手すりの取り付けリフォーム中
今のままのスロープに手すりを取り付けると通路の幅が狭くなるので、手すりは外に取付けコンクリートを打ち増しします。
手すりの取り付けリフォーム中のアプローチのスロープ
先に手すりを仮取付けして型枠を組み、玉石の所もコンクリートを打つ準備をした、リフォーム中のスロープ。
手すりの取り付けリフォーム後のアプローチのスロープ
手すりを取り付けたリフォーム後の、玄関アプローチのスロープ。

 介護保険を使ってのリフォームは、ケアマネージャーさんとの打ち合わせや支給申請もこちらですべて行いますので、気楽にお声がけください。

 

 このような介護保険を使っての手すりの取り付けリフォームも、リフォーム経験豊富な大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のご高齢者対応のリフォーム施工事例はこちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg