白蟻に食べられた浴室ドアの木枠をリフォーム 浜松市中区

 浜松市中区で、シロアリの食害にあった浴室ドアの木枠をカバー工法でリフォームしました。

リフォーム前のシロアリに食われた浴室の木枠
リフォーム前の同じ浴室の木枠の左側




浴室ドアの木枠を触ったら穴が開き、なかがボロボロになっていてびっくりされて、当社にお電話が。

両側の下の部分がかなり食べられていました。
カバー工法でリフォームした浴室ドアの木枠

両側と上部の木枠は当社の大工が新しい枠を作ってカバー工法でリフォーム。下の敷居は水が掛かる所なので、アルミ材を加工してやはり上から貼り付けました。
白蟻消毒に床下に入ります

もちろんシロアリ消毒のリフォームもしました。床下収納庫がなかったので、和室の畳をあげて荒板をめくって床下に入りました。

 前にも書きましたが、シロアリは光に弱いため木を食べても表面の薄皮1枚を残します。ですから、そこを触って穴が開いて初めて「シロアリにやられた!」ってわかるんです。本当にシロアリは恐いです。

 

 このようなシロアリの消毒や食害の復旧リフォームも、優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

キッチンの流し台の底板の貼り替えリフォーム 浜松市南区

 浜松市南区で、「キッチンの流し台の中の底に貼ってあるステンレス板が錆びてきたないので、きれいにしてほしい」とのことで、底板の貼り替えリフォームをしました。

リフォーム前のキッチンの底板 リフォーム前のキッチンの底板
リフォーム後のキッチンの底板 リフォーム後のキッチンの底板

 ステンレス板は錆びる物を上に置いてあると、それが錆びたときに錆が移ってしまい、本来は錆びないものが錆びてしまいます。

 

 ですからこちらの底板へもステンレス板は貼れないので、キッチンパネルを重ね貼りしてリフォームしました。

 

このようなキッチンの流し台の底板のリフォームも、優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

アパートの外壁の一部を塗替えリフォーム 浜松市南区 

 浜松市南区のアパートで、外壁の一部を塗り替えるリフォームをしました。

外壁の塗替えリフォーム前

今まであったガスのボンベ庫を解体してタンクにしたそうで、ボンベ庫の裏の壁が出てきてしまいました。
外壁の塗替えリフォーム後

外壁の色に合わせて補修しました。これで見苦しくなくなりました。

 このようなちょっとしたリフォームの外壁の塗替えリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせくだい。

 

お問い合わせは → こちら


 

店舗の外の物置のカーテンの取替えリフォーム 浜松市中区 

 浜松市中区にある、店舗の外の物置の出入口のカーテンを取替えるリフォームをしました。

取替えリフォーム前の物置のカーテン

今までは普通のシートで囲ってあるだけで、雨が入ってしまい、使い勝手も悪かったです。
取替えリフォーム後の物置のカーテン

防炎・防水のテント生地で作り、上にカーテンレールを付け、右側は鉄骨柱にアングルで固定。左側はマジックレープで開け閉めができるようにしました。

 「これで雨が降っても安心なので良かった」と大変喜んでいただけました。

 

 このような外部のカーテンの取替えリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

破損した外壁サイディングの貼り替えリフォーム 浜松市北区 

 浜松市北区で、車がぶつかって割れてしまった外壁のサイディングを貼り替えるリフォームをしました。

車で破損した外壁

車がぶつかって割れてしまった外壁のサイディング。幸いにも下の1枚だけでした。
リフォーム中の外壁

割れたサイディングをめくって、破れていた防水紙を貼り直しました。
サイディングを貼りました。

20年以上も前のサイディングでしたので、同じ柄はなく、厚さも今の物とは違うので(昔は12mm)、会社にある昔の残ったサイディングの中から12mm厚のものを探して貼りました。
塗装してリフォームが完成

外壁と同じ色に塗装して完成です。

 事故での破損個所の修理依頼は、やはり外壁が一番多いです。次に多いのが塀やフェンスですね。

 

 このような事故による破損の外壁リフォーム優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

カバー工法で軒天のリフォーム 浜松市東区 S様邸 

 浜松市東区のS様邸で、カバー工法で化粧べニアの軒天のリフォームをしました。軒天用の木目調のべニアが貼ってある家は結構あるのですが、やはり長年の風雨にさらされてめくれてきているお宅が多いんです。

 

 こちらのお宅もべニアがめくれたり変色したりして、リフォームが必要な状態でした。

リフォーム前のべニアの軒天 劣化しているべニアの軒天
リフォーム後の軒天 リフォーム後の板金の軒天

 いつもの軒天のリフォームはケイカル板を使うのですが、今回は「2階と同じものが良い」とのお施主様のご希望で、リブ波トタンを貼りました。

 

 このような軒天のリフォーム優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

床下換気口の取付けとシロアリ消毒のリフォーム 浜松市南区 K様邸 

 浜松市南区K様邸で、外壁に穴を開けて床下換気口を作るリフォームシロアリ消毒のリフォームをしました。


 シロアリが出たということで調査にお伺いしたところ、床下がサイディングによってふさがれていることがわかりました。これでは床下に湿気がたまり、シロアリの格好の棲家となってしまいます。

床下換気口取付けリフォーム前


サイディングによってすべてふさがれていて、床下換気口が一つも付いていない状態でした。昔ですので、今の基礎パッキンはもちろんなし。
床下換気口取付けリフォーム後


土台や柱を避けてサイディングに穴を開けて、アルミ製のガラリを南北に各2ヶ所、計4ヵ所に取付けました。

 これで床下に湿気がこもるのがかなり軽減されますね。この後、床下全体をシロアリ消毒しました。

 

 リフォームの仕事をしていると当然いろいろな家を見させていただくのですが、「えーー!」「なんでこんなことしたんだ?」とビックリすることが多々あるんです。いわゆる欠陥住宅ですね。

 

 悲しい話ですが、世の中にはいい加減な施工業者や建築会社がいかに多いかがよくわかります。

 

 このような欠陥住宅で悩んでおられる方浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績・ノウハウが豊富なため安心してご相談いただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

フスマの貼り替えリフォーム 浜松市西区 K様邸 

 浜松市西区のK様邸でフスマの貼り替えリフォームをしました。こちらのK様は以前外壁や漆喰の塗替えリフォームをしていただいたお客様です。(当時の施工事例はこちら)

フスマの貼り替えリフォーム前


今までのフスマ。色があせて破けてもいました。
フスマの貼り替えリフォーム後


シンプルな柄に貼り替えリフォームが完成したフスマ。引手も変えています。

 このようなちょっとしたリフォームのフスマの貼り替え浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

お風呂とトイレに手すりの取付けリフォーム 浜松市南区 K様邸 

 浜松市南区のK様邸で、システムバスの壁とトイレの壁に手すりを取付けるリフォームをしました。

手すりの取付けリフォーム前のトイレ 


今までのトイレ。手すりは付いていませんでした。

手すりの取付けリフォーム後のトイレ 


 立ち上がるのに補助となるよう取付けました。ここは中に柱があるのでしっかりと取付できました。

 




 システムバスの引戸の中の壁面。以前は後から手すりを取付けるのは結構大変だったんです。
手すりの取付けリフォーム前のシステムバス



 後付けの手すりの取付けが終わりました。これで立ち上がって引戸を開けるまでの支えになります。
手すりの取付けリフォーム後のシステムバス 

 このようなお風呂やトイレへの手すりの取付けリフォーム優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

事務所の天井のリフォーム 浜松市東区 

 浜松市東区のある会社から「天井の一部が貼ってない所があるのでふさげないか」とのご相談をいただきましたのでお伺いして下見したところ、ガラリがはまっていたので元は換気口ではないかと思われました。

リフォーム前の天井




天井にあったガラリがはまった元換気口?天井裏の換気口の周囲はべニアを貼ってふさいでありました。
リフォーム後の天井




ステンレス製の枠はそのまま残してガラリは撤去し、その中に下地を組んでプラスターボードと既存の天井材に一番近い「ソーラトン」を二重貼りしました。

 今回使った天井材はオフィスや商業施設でよく使われている、吉野石膏のロックウール化粧吸音板「ソーラトン」という商品でして、吸音性・不燃性に優れた天井材です。

 

 このような天井のリフォーム優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg