和室の床を組み直してフローリングにするリフォーム 浜松市西区S様邸 平成29年7月

 浜松市西区のS様邸で(当社でのリフォーム2回目)、6帖の和室の畳の床を解体して組み直しフローリングを貼る床のリフォームをしました。

リフォーム前の6帖の和室の荒床
リフォーム前の6帖の和室の床。畳を撤去して荒床が見えています。
リフォーム中の床組を解体したところ
床組もすべて解体して、ウチの大工のサトシ君が墨出しをしています。
リフォーム中の新しくなった床組
床組が出来上がりました。シロアリ被害の心配がない鋼製束を使っています。
リフォーム中の床
12mm厚の耐水合板を下に貼って、フローリングを重ねて貼ります。耐震性・耐重力性・断熱性が向上します。
リフォーム後のフローリングになった和室の床
リフォーム後の和室の床。今回は床だけのリフォームでした。

 このような和室の床をフローリングにするリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



和室の続き部屋を大変身リフォーム! 浜松市南区 平成28年5月

 浜松市南区のリノベーションをしているお宅で、和室の続き部屋を洋室と琉球畳にする大規模模様替えリフォームをしました。

 

 20年近く使っていなかった部屋でしたのでかなり汚れていたのですが、当社の大工とスタッフが見事に大変身させました。

リフォーム前の南和室と床の間・仏間・押入れ

リフォーム前の6帖の和室。奥から床の間・仏間・押入れと並んでいます。

20年近く物置としか使っていなかったので、かなり汚れていました。
リフォーム中の南側和室

荷物を片付けて建具を外し、畳を撤去したところ。
リフォーム中の南側和室

床の間と仏間のところが、天井まで開口のクローゼット、押入れのところが今までと同じ開口のクローゼットになります。どちらにも枕棚を付けて、奥にはハンガーパイプを、手前には中段を付けました。窓側は広縁風にフローリング貼り。
リフォーム後の南側和室

クロスを貼り、オーダーで作った扉を取付け、琉球畳を入れて完成しました。右にある建具は、今まで部屋の境がフスマだったのを、3本共引き込み戸にしました。

 



もう一部屋のリフォーム前の6帖の和室です。押入れと下に地窓が付いている吊り押入れがありました。
リフォーム前の北側和室


やはり荷物を片付けて、畳と建具を撤去したところ。この後、天井も解体・撤去します。
リフォーム中の北側和室


右側を天井までのクローゼットにして、中段・枕棚・ハンガーパイプを取付け、使い勝手の悪い地窓は塞ぎました。
リフォーム中の北側和室


和室2部屋のリノベーションが完成しました。元の姿が想像できないですね。
洋室にリフォームした北側和室

 

 リフォーム後の南側和室

南側の部屋を見た写真。部屋の境の3本引戸を引き込んだ状態です。
引戸を閉めると独立の洋室にリフォーム
引戸をすべて出して部屋を間仕切りました。こうすれば何かの時にそれぞれ単独の部屋として使えます。


北側の部屋を見た写真。別々の部屋として使う場合のために、出入口(右側の引戸)をどちらにも付けています。
南の部屋から見た北側洋室


間仕切りの引戸を閉めると、独立した和室になります。
間仕切り引戸を閉めると和室に

 

リフォーム後の南側和室の全景南側の6帖の全景 リフォーム後の北側和室の全景北側の7帖になった洋室の全景


 いかがでしょうか。6帖の和室+床の間・仏間・押入れと6帖の和室+押入れ2ヶ所の続き部屋が、合計13帖+クローゼット3ヶ所の部屋に見事に大変身しましたね。境の敷居は段差がなくバリアフリーです。本当に当社の大工の腕の見せ所のリフォームでした。

 

 このような大規模な部屋の模様替えリフォームも、優れた腕の大工が社員として在籍しているリフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

和室3室と廊下を洋室にする大規模リフォーム 1 浜松市天竜区

 浜松市天竜区で、続き部屋の3室の和室と間仕切り壁で仕切られた隣接する廊下を、すべて解体して一つの大きな洋室にして、LDKとつなげる大規模リフォームをしました。

 

 こちらのお宅は過去に二度ほど大規模なリフォームをさせていただいていまして、今回で3回目の大規模リフォームとなります。

リフォーム前の和室の続き部屋

リフォーム前の和室3室の続き部屋の、真ん中の部屋より東側を見ています。右側は8年前に大規模リフォームしたLDKです。
リフォーム後の洋室

4本の間仕切り引戸で仕切れるようにして、境のタレ壁もすべてなくして、一つの大きな部屋になりました。
4本引き込み戸を開いたところ

奥の間仕切り引戸を広げた状態。真ん中の部分は右側のLDKと床も天井もフラットでつなげて、より広い空間を造りだしました。

 



今度は続き部屋を真ん中の部屋から反対側(西側)を見たところ。時計が掛かっている壁の裏が廊下になっています。
リフォーム前の和室の続き部屋


こうなりました。奥のドアは元の廊下にあった、物入れの出入口をリフォームしたもの。
リフォーム後の洋室


4本の間仕切り引戸を開いたところ。普段は片側に引き込んでおきます。
4本引き込み戸を開いたところ

 

リフォーム前のLDKから見た和室

LDKより続き部屋の西側をみたところ。テレビの奥が廊下の入り口になっています。和室側の床は1段高くなっています。
同じところから見たリフォーム後

廊下の入り口部分を壁にして3本の引戸を引き込むようにしました。普段はこの状態で、右側の4本引戸も引き出せば、独立した部屋になります。

 いかがでしょうか。劇的に変わったでしょう!8年前にリノベーションしたLDKと床も天井もフラットでつながったため、開放感のある大空間が出来上がりました

 

 しかし、ここまで仕上げるためには、ウチの大工さんたちがいろいろと苦労をしました。その話は次回に。

 

 このような和室を洋室にする大規模リフォームも、優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

 お問い合わせは → こちら

 

和室3室と廊下を洋室にする大規模リフォーム 2 浜松市天竜区

 天竜区の大規模リフォームでの床の貼り替えリフォームの状況をご紹介します。こんなふうになっています。

リフォーム前の畳の床

今までは、6帖の和室の3室の続き部屋でした。初めの予定は、畳を撤去した荒床の上に根太組をしてフローリングを貼るつもりでした。
見事にシロアリに食べられて
シロアリに食べられていた大引


ところが、開けてビックリ!床組がシロアリに食われていて、見るも無残な状態になっていました。

これでは使えないので、床組もすべて解体して作り直すことになりました。
床組を作り直しました

床組を一から作り直して、シロアリの消毒をしました。この後、根太の間に断熱材を敷き詰めます。
リフォーム後のフローリングの床

耐水合板を下貼りして、隣の部屋と同じフローリングを貼りました。この時に間仕切り4本引き込み戸用の敷居を埋め込んで、床面をバリアフリーにしました。

 こういうことがたまにあります。ですから床下の点検・確認が重要なんですね。当社は社員として大工を抱えているので、このような事態でも迅速に対応できるのが、他のリフォーム業者との大きな違いです。

 

 このような想定外のリフォームも、優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

和室を面白い貼り方のフローリングにするリフォーム 磐田市Y様邸 平成29年7月

 磐田市のY様邸で(当社でのリフォーム5回目)、和室の6帖の畳をフローリングにする床のリフォームをしましたが、そのフローリングの貼り方がお客様のご要望で、変わった貼り方をしました。

リフォーム前の和室の畳
リフォーム前の6帖の和室の畳の床。この畳を撤去して、荒床の上に根太を並べてフローリングを貼ります。
リフォーム後のフローリング
リフォーム後のフローリングになった6帖の和室の床。なんと、いろいろな色のフローリングをランダムに貼りました。おもしろい!
リフォーム後のフローリングの床
中央の同じ色の所はベッドを置くのでほとんど隠れてしまいます。

 いやー、こんな貼り方は初めてでしたが、いざ出来上がってベッドを置いて見ると、色の切り替えがおもしろいではありませんか!いいかも。

 

 このような畳をフローリングにする床のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



アパートの和室の畳の床をフローリングにリフォーム 浜松市西区 平成29年3月

 浜松市西区のアパートで、6帖の和室の床の畳を撤去してフローリングに貼り替えるリフォームをしました。

リフォーム前の畳を撤去した和室の床
リフォーム前の畳を撤去して荒床になった6帖の和室。
リフォーム中の合板を貼った和室の床
今回はころばし根太ではなく、高さ調整と補強のため荒床の上に、耐水合板を貼りました。
リフォーム後のフローリングになった和室の床
その上にフローリングを重ね貼したリフォーム後の6帖の和室の床。

 このような和室の床をフローリングにするリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



和室4.5帖と床の間・物入れを6帖の洋室にリフォーム 浜松市西区 平成28年6月

 浜松市西区のお客様から「和室を洋室にリフォームできないか」とのご相談がありました。早速ご訪問して現場調査とお話を伺いました。趣味のものを置きたいので(かなりの重量物です)4.5帖の和室に床の間と物入れがついている間取りを、一つにして6帖の洋室にしたいとのことでした。

 

 大工がいる当社にとっては得意のリフォームですので、床組のやり方や仕様など細かなことをお話して、当社でのリフォームを決めていただきました。

リフォーム前の和室と床の間と物入れ

下見に伺った時のリフォーム前の4.5帖の和室と床の間と物入れ。リフォーム時、荷物を片付けてただいたら、床の間に地窓があってビックリ。
リフォーム中の今までの床下地

畳・荒床・根太を解体して撤去したところ。通常の3尺間の大引きと鋼製束があります。この後、これらもすべて撤去します。
リフォーム中の新し床下地の大引き

新しく大引きを入れたところです。重量物が載るため大引きや鋼製束の間を通常よりかなり狭くしています。奥が床の間と物入れだった所。
リフォーム中の床下断熱材を入れた所

根太を打って床下断熱材を隙間なく敷き込みます。
リフォーム中の床板を二重に貼っている所

その上に12mm厚の耐水合板を二重貼りします。
洋室へのリフォームが完成


床には商業施設などに貼る硬質の長尺シートを、壁・天井はクロスを貼って6帖の洋室リフォームが完成です。(共にサンゲツ)

左下は地窓を将来また使うかも知れないということでそのままとして、枠の中に壁を作って納めました。

 床の間と物入れの間に柱があったのですが、どうしても邪魔になってしまうのでなくしたいというお客様の意向で、耐震上問題ないように筋違を横の壁に入れるなどの補強をして、すっきりとした6帖になりました。

 

 このような通常よりも難しい和室を洋室にするリフォームも、経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績・ノウハウが多いため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



洋室の畳コーナーをフローリングにするリフォーム 浜松市東区 I様邸

 浜松市東区のI様邸で、洋室にある2帖分の畳のコーナーを撤去してフローリングにするリフォームをしました。

床のリフォーム前の畳のコーナー

洋室の一角にあった畳のコーナー。全体にフローリングを貼ってその上に置いてあるのかと思いました。
畳のコーナーのリフォーム中

畳を撤去して解体してみたら、フローリングは貼ってありませんでした。すべて解体して貼ってあるフローリングの厚みを測ったら6mmでした。
フローリングにリフォーム後

厚さ6mmのフローリングって今はあまり作っていなくて探した結果、パナソニックの「6mmリフォームフロアー」があったので一番濃い色のものを使いました。

 貼ってあるフローリングがまさか6mm厚だとは思いもしなかったのですが、念のためお客様には解体後フローリングの厚さを確認してからの発注、にしてもらっていたので時間はかかりましたが、つなぎ目は段差もなくきれいにフラットに納まったので、喜んでいただけました。

 

 このような畳コーナーをフローリングにするリフォームも、優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

和室の畳をフローリングにリフォーム 浜松市中区 I様邸

 浜松市中区で、和室の畳の床をフローリングにするリフォームをしました。

リフォーム前の和室の畳

今までの畳。犬を飼っているのでけっこうボロボロになっていました。
リフォーム中の和室の荒床

畳を撤去して見えてきたのは、合板の荒床です。
リフォーム中の和室の床の下地組

1尺ピッチで荒床の上に根太を入れます。この時、床鳴りがないかチェックします。
リフォーム後のフローリングの床

フローリングを貼って完成です。敷居などと段差ができないように注意します。

 これでワンちゃんのことを気にせずに済むようになりましたね。

 

 このような和室の畳をフローリングするリフォームも、経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

和室の床をフローリングにリフォーム 浜松市南区 K様邸 

 浜松市南区で、6帖の和室の畳の床をフローリングにする洋室リフォームをしました。

床のリフォーム前の和室


今までの畳敷きの6帖の和室。床組がシロアリにやられていることがわかり、畳も傷んできたのでフローリングにすることに。
床のリフォーム中の和室


床組に丸太の野物が使ってありました。今では見られない床組ですね。これを利用して新しく大引・根太を組みました。
床のリフォームが完成した和室


フローリングにリフォームがなった6帖の和室。壁・天井は今までのままです。

 当社には腕の優れた大工が社員として在籍しているので、このようなリフォームは得意中の得意なんです。近年、お住まいになっている方の高齢化に伴い、畳敷きの和室を生活がしやすいフローリングの洋室にするリフォームが多くなってきています。

 

 このような和室を洋室にするリフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg