天井の断熱リフォーム 浜松市中区 K様邸 

 浜松市中区で、省エネ住宅ポイントを利用する天井の断熱リフォームと、内窓の設置・ガラスの交換の窓の断熱リフォームをしました。

 

 「2階の部屋が夏はものすごく暑くなるので見てほしい」とのことで早速天井裏を調べたところ、なんと断熱材は入っていないは、屋根裏換気口(給気・排気とも)は付いていないはで、完全な密閉状態であることが判明。

 

 対策として、屋根裏の熱気を排出するように温度センサーで自動運転する換気扇を2か所、給気口を3ヶ所取付して空気の入れ替えを促し、室内に熱を伝えないように天井裏に断熱材を敷き詰めることにしました。

断熱リフォーム前の天井裏


天井裏には断熱材が入っていませんでした。屋根裏の断熱材も入っていない所が多く、入っていてもご覧の有様で用をなしていませんでした。
断熱リフォーム後の天井裏


厚さ100mmのグラスウール断熱材
を隙間なく敷き詰めました。壁には給気と排気の穴を開け、空気が入れ替わるようにしました。奥に給気口として開けた穴が見えます。

 こちらのお宅はこの他に各室の窓の断熱リフォームのため、内窓を取付けたり、ガラスを断熱性能が優れている「真空ガラス」に取替えたりしました。

 

 この後、断熱改修工事として省エネ住宅ポイントを申請します。

 

 このような天井裏の断熱改修や窓の断熱リフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg