その他のリフォームや工事の施工事例

(2013年5月以前のものはパソコントラブルでデータが消失してしまったのでそれ以降の事例となります

 

鉄骨造の物置の内部のリフォーム 掛川市S様邸 平成30年1月

 掛川市のS様邸の物置の内部の、壁と天井に下地組をして断熱材を入れボードを貼り、エアコンや照明器具・コンセントなどを新設する、物置のリフォームをしました。

リフォーム前の物置の内部
リフォーム前の鉄骨造の物置の内部。外に貼ってある丸波トタンがそのまま見えていました。
リフォーム中の物置の内部
壁と天井に断熱材を入れて下地も組んでいきます。壁上の明かり取りはいらないということなので、ふさいで壁にします。
リフォーム後の物置の内部
ボード仕上げのリフォーム後の物置の内部。エアコンと照明器具も付きました。

 


反対側を見たリフォーム前の物置の内部。出入口が見えます。
リフォーム前の物置の内部

リフォーム中の物置の内部。今まで電気の配線がなかったので母屋から引き込みました。照明の先行配線が見えます。
リフォーム中の物置の内部

リフォーム後の物置の内部の壁と天井。入り口のドアはそのままです。
リフォーム後の物置の内部

 

リフォーム前の物置の外観
その物置の外観です。今回は屋根や外壁のトタンはそのままで、雨漏りがしないように外部の処理をしての内部のリフォームです。
リフォーム前の物置の内部
今までとは別角度の、リフォーム前の物置の内部。
リフォーム中の物置の内部
リフォーム中の物置の内部。奥にコンセントの先行配線が見えます。
リフォーム後の物置の内部
リフォーム後の物置の内部。エアコンを取付ける所には木下地を入れています。

 どうでしょうか、まったくの別物になりましたね。

 

 このような物置のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

物置の床のフローリングの貼り替えリフォーム 浜松市西区F様邸 平成29年9月

 浜松市西区のF様邸で、物置のフローリングがブカブカしてきたので、カバー工法で貼り替える床のリフォームをしました。

リフォーム前の物置の床のフローリング
貼り替えリフォーム前の物置の床のフローリング。
リフォーム中の物置の床のフローリング
ブカブカしている所を切り取って、床下と下地を点検します。
リフォーム中の物置の床のフローリング
切り取った所を耐水合板で復旧して、他のフローリングはビスを打って根太に固定します。
リフォーム後の物置の床のフローリング
カバー工法でのリフォーム後の物置の床。今までのフローリングの上に新しいフローリングを重ね貼りしました。

 


別の方向から見た、リフォーム前の物置の床のフローリング。
リフォーム前の物置の床のフローリング

リフォーム後のフローリング。きれいになりましたね。
リフォーム後の物置の床のフローリング

 このようなフローリングの貼り替えリフォーム今までに何百軒と施工していますので、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

事務所の玄関ポーチの庇の修理リフォーム 浜松市東区 平成29年4月

 浜松市東区の会社の事務所で、車がぶつかって破損した玄関ポーチの庇の角の板金パネルの取替えリフォームをしました。

リフォーム前の玄関ポーチの庇の角
トラックがぶつかって大きく凹んだ、リフォーム前の玄関ポーチの庇の角の板金パネル。
リフォーム中の玄関ポーチの庇の角
板金を取り外してみると、なんと下地の鉄骨が錆びてボロボロ状態。これでは新しい鉄板を付けることができないので、急遽下地の鉄骨を補強することにしました。
リフォーム中の玄関ポーチの庇の角の鉄骨下地  
リフォーム中の玄関ポーチの庇の角
予め寸法を測ってボンデ鋼板で作成したコーナーパネルを、下地を補修して取付け、廻りをコーキングします。
リフォーム後の玄関ポーチの庇の角
その後、塗装屋さんに塗ってもらい完成した、リフォーム後の玄関ポーチの庇の角。

 リフォームの場合、開けてみて・めくってみて、ビックリ! という現場が結構あるので、その時その状況にいかに素早く最適な対応ができるかで、リフォーム業者の良し悪しが決まると言っても過言ではないと思います。

 

 このような状態のリフォームにも素早く対応ができるリフォーム経験豊富な優れた腕の職人が揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



マンションの洗濯室のリフォーム 浜松市中区 平成29年5月

 浜松市中区にあるマンションの洗濯室の内部のリフォームをしました。

リフォーム前のマンションの洗濯室
リフォーム前のマンションの洗濯室。上の段の乾燥機を電気からガスの乾燥機に替えるためにリフォームします。
リフォーム前のマンションの洗濯室
リフォーム前の上の所と向かい合わせになっている置き場。
リフォーム中のマンションの洗濯室
洗濯機と乾燥機を撤去して棚を解体して撤去しようとしているところ。
リフォーム中のマンションの洗濯室  
リフォーム中のマンションの洗濯室
棚を撤去したところ。どちらも壁がこんなに汚れていたとはわかりませんでしたので、急遽塗装屋さんに来てもらうことに。
リフォーム中のマンションの洗濯室  
リフォーム後のマンションの洗濯室
リフォーム後の洗濯室。棚板も棚受け金具も新しくして、壁と一緒に塗装してもらいました。上に並んでいる丸い穴は、ガス乾燥機の排気筒が貫通する穴です。当社の仕事はここまでです。
リフォーム後のマンションの洗濯室  

 このようなマンションの共用部分のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工や職人が揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



木製テラスの柱を取替えるリフォーム 湖西市 平成29年1月

 湖西市のお宅で(当社でのリフォーム3回目)、木製のテラスの柱の根元が腐ってしまったので、取替えるリフォームをしました。

リフォーム前の木製テラス
リフォーム前の木製のテラス。柱の下が腐っていて桁が垂れ下がっていました。
リフォーム後の木製テラス
リフォーム後の木製のテラス。柱を取替え、垂れ下がっていたのを直しました。

 


リフォーム前の柱の根元。驚いたことにそのまま地面に埋めて土間コンを敷いてありました。そりゃー腐りますよね。
リフォーム前の柱の根元

取替えリフォーム後の木製の柱の根元、柱受け金物を埋め込みました。
リフォーム後の柱の根元

 

リフォーム前のテラスの軒桁
内側から見た軒桁。継いであるのでそこから垂れ下がっていました。
リフォーム後のテラスの軒桁
柱を変えて垂れ下がりを直し、補強材を入れたのでこれで安心ですね。

 このような木製テラスのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



工場の倉庫の天井の貼り替えリフォーム 浜松市北区 平成28年12月

 浜松市北区の工場の倉庫の天井を貼り替えるリフォームをしました。雨漏りなどのしみかと思われる跡が付いていて、かなり汚れていました。

リフォーム前の倉庫の天井
リフォーム前のシミ跡が目立つ倉庫の天井。雨漏りは今は止まっています。
リフォーム中の倉庫の天井
リフォーム中の、天井板をめくって断熱材をすべて撤去し、きれいにしたところです。

リフォーム中の倉庫の天井
厚さ100mmのグラスウールの断熱材を天井裏に敷き詰めます。

リフォーム後の倉庫の天井
リフォーム後の倉庫の天井。べニア板を貼っています。このあと蛍光灯を取付けて完成です。

 


やはりリフォーム前の別の部屋の倉庫の天井。汚れていますね。

リフォーム前の倉庫の天井

リフォーム中の、天井板と断熱材を撤去したところ。
リフォーム中の倉庫の天井

リフォーム中の、断熱材を敷き込んだところ。
リフォーム中の倉庫の天井

リフォーム後の耐水合板を貼ったところです。きれいになりましたね。

リフォーム後の倉庫の天井

 このような天井を貼り替えるリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



工場の増築部の基礎と軒下のリフォーム 浜松市北区 平成28年12月

 浜松市北区の工場で(当社でのリフォーム4回目)、「昔増築した所の基礎が簡単に作ってあり、また軒桁と垂木の隙間をふさいでないので中に動物が入ったりして困っている」とのことで、そこを動物が入らないように作り替える基礎と軒下のリフォームをしました。

リフォーム前のブロック基礎
リフォーム前の工場の増築部のブロック基礎。柱があるところだけ、ブロックを置いてありそれ以外は何もなく、動物はフリーパスのため石を積んでふさいでありました。
リフォーム前のブロック基礎
動物が入らないように隙間に石を詰め込んであります。「う〜ん、どうしたら良いか」悩みましたね。
リフォーム後のブロック基礎
リフォーム後の基礎です。悩んだ結果、今のブロックの基礎はそれぞれに柱が乗っているのでそのままにして、外側に新たにブロックを積んで水切りの板金を付けてぐるりと取り囲みました。
リフォーム後のブロック基礎
所々にステンレスの床下換気口を設けて、床下の換気がしっかりできるようにしました。これで猫などが入れなくなりました。
   

リフォーム前の軒下。軒桁と垂木の隙間がふさいでなかったので、ここからハクビシンなどの小動物が入り込んだこともあったようです。
リフォーム前の軒下

面土板を貼ったリフォーム後の軒下。基礎のリフォームのときについでに板金を貼ってふさぎました。これで上下ともふさいだので動物が入れなくなりました。
リフォーム後の軒下

 昔ここを作った大工さんは動物の侵入を想定していなかったのでしょうね。でもハクビシンって、ほんの小さな隙間からでも入ってきてしまい、悩みの種になっているお宅が結構あるんですよね。

 

 このような基礎や軒下のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



会議室の天井の貼り替えリフォーム 浜松市北区 平成28年10月

 浜松市北区の会社で(当社でのリフォーム4回目)、会議室の天井の貼り替えリフォームと壁のクロスの貼り替え・ブラインドの取替えリフォームをしました。

リフォーム前の会議室
貼り替えリフォーム前の会議室の天井。ジプトーンがまだら模様になっているのがわかります。右側の棚は撤去します。
リフォーム中の会議室
電気屋さんが天井に付いている照明器具やエアコンのパネルを外していきます。かなり汚れていますね。この後、全面のジプトーンをめくります。ウチのサトシ君が棚を取り外しています。
リフォーム後の会議室
貼り替えリフォームが完成しました。壁のクロスも貼り替え、ブラインドも取り替えていますのでかなりきれいになり、棚もなくなったのですっきりとしました。

 


反対側を見たリフォーム前の会議室。天井・壁を貼り替え、ブラインドを取替えます。
リフォーム前の会議室

リフォーム中の天井材のジプトーンをめくっているところ。この後、天井材の割り付けを決めて貼っていきます。
リフォーム中の会議室

天井材を貼り終えたら、クロス職人が壁のクロスの貼り替えリフォームをします。
リフォーム中の会議室

リフォーム後の会議室。正面の壁のクロスはプロジェクターが投影できる仕様のものです。
リフォーム後の会議室

 このような会社の会議室などのリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



工場の床のリフォーム 浜松市北区 平成28年10月

 浜松市北区の工場で、木製の床を貼り替えそこに長尺シートを貼る床のリフォームをしました。

リフォーム前の工場の床
リフォーム前の合板仕上げの床。だいぶ使い込んできたので、表面がボロボロでした。
リフォーム中の工場の床
当社の大工が表面の古い合板をめくって新しい合板を貼りました。
リフォーム後の工場の床
その上に長尺シートを貼って、端部を金物で納めて床のリフォームが完成です。

 今までと同じような合板ですと、使い込んだらいずれまた表面がボロボロになってしまいますが、重歩行用の長尺シートならその心配もなく長くきれいに使えます。

 

 このような床の貼り替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg