屋根以外の外装(軒天・雨樋 他)のリフォーム

屋根の棟の漆喰の塗替えリフォーム 浜松市南区Y様邸 平成29年2月

 浜松市南区のY様邸で、屋根の棟の漆喰を塗り替えるリフォームをしました。


 「漆喰がどうなっているのか心配なので見てほしい」というご依頼で屋根に上がって調査したところ、全体的に棟の漆喰が剥がれていて、ひどい所は土まで流出していました。このまま放置していては雨漏りにつながるので、漆喰全体を塗り替えることにしました。

塗替えリフォーム前の屋根の漆喰
塗替えリフォーム前の2階の棟の漆喰。今までの漆喰が取れてしまって土の部分が見えています。このような状態の所が屋根の全体に見られました。
漆喰の塗替えリフォーム中
塗替えリフォーム中の左官屋さん。浮いている漆喰は剥がしてからモルタルで中塗りをしています。
漆喰の塗替えリフォーム後
塗替えリフォーム後の棟の漆喰。元の漆喰はグレー色だったので、今回も同じ色で仕上げました。

 


塗替えリフォーム前の1階の棟。今までの漆喰がほとんど落ちてしまっています。
漆喰の塗替えリフォーム前の棟

塗替えリフォームが完成した1階の棟の漆喰です。これで安心ですね。
漆喰の塗替えリフォーム後の棟

 屋根の上の状態は普段どうなっているのかわかりにくい所ですので、一度点検をされてはいかがでしょうか。意外とビックリの状態になっているお宅もありますので。

 

 ただし、「無料で屋根を点検をしています」などと言って訪問してくる業者は絶対にやめてください。リフォーム詐欺の悪徳業者がほとんどです。「お宅の瓦はずれている」「瓦が割れている」「地震でずれ落ちるので固定しないと大変なことになる」「このままだと雨漏りして家が腐ってしまう」等々、不安を煽る言葉を並べ立てて工事をさせようとします。 絶対に話しには乗らないで、きっぱりと断ってください。

 

 このような屋根の漆喰の塗替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の職人が揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



アパートの軒天の貼り替えリフォーム 牧之原市 平成28年10月

 牧之原市のアパートで、腐ったりカビで汚れてしまった軒天の貼り替えリフォームをしました。

軒天の貼り替えリフォーム前
貼り替えリフォーム前の穴が開いていた軒天。破風も板金が巻いてなく木そのままだったので、かなり傷んでいました。
軒天の貼り替えリフォーム後
軒天のリフォーム後。ケイカル板を貼り替えて塗装しました。破風も板金で巻きました。

 


同じく別の所のリフォーム前の軒天。破風もかなり傷んでいます。
軒天の貼り替えリフォーム前

リフォーム後の軒天と破風。外壁や雨樋も塗り替えたので見違えちゃいますね。
軒天の貼り替えリフォーム後

 このような雨・風があたるところは傷みやすいので、メンテナンスが大切です。

 

 このような軒天のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



軒天の貼り替えリフォーム 浜松市西区M様邸 平成28年8月

 浜松市西区のM様邸で(当社でのリフォーム2回目)、足場を掛けてカバー工法で軒天井を貼り替えるリフォームをしました。(こちらはこの他に、外壁の貼り替え・塗装、雨樋の取替え、雨戸の取替え、エアコンの撤去と新規の取付けなどのリフォームをしました)

軒天の貼り替えリフォーム前の外観

登り軒天井の貼り替えリフォーム前の外観。黒ずんでいるので写真だとよくわかりませんね。
リフォーム前の登り軒天井

リフォーム前の下から見た登り軒天井。野地板をそのまま見せている化粧野地でしたので、この上から新しい軒天材を貼ります。
リフォーム後の登り軒天井と外壁

リフォーム後の登り軒天井。木目調の軒天用の化粧べニアを貼りました。外壁もカバー工法で貼り替えています。
リフォーム後の軒天

その登り軒天井を下から見たところ。外壁にはカバー工法でガルバリュウム鋼板の角波トタンを貼る下地が見えます。

 



リフォーム前の軒裏天井。こちらは化粧べニアの軒天材でした。
リフォーム前の軒裏天井


リフォーム後の軒裏天井。ここは垂木が隠されていた軒でした。
リフォーム後の軒裏天井


リフォーム後の、こちらは垂木が見えている軒先。垂木の間に、化粧べニアを短く切って貼っていきます。手間がかかります。
リフォーム後の軒先天井

 このように、カビなどで黒ずんでいた軒裏天井も、当社の社員の大工によって見事にきれいによみがえりました。なお、使用した軒天材は地元 「天龍木材の高級ノキテン」 です。

 

 このような軒天の貼り替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら


 

屋根漆喰の塗替えと雨樋の取替えリフォーム 浜松市西区 T様邸 

 浜松市西区T様邸で、足場を掛けて屋根のすべての漆喰の塗替えと雨樋の取替えリフォームをしました。

塗替えリフォーム前の屋根漆喰

棟の漆喰はカビが生えて変色しているところがあり、軒先のすずめ口は落ちているところがありました。
塗替えリフォーム中の屋根漆喰

変色した悪い所や浮いているところは剥がして補修したうえで、中塗りをします。
塗替えリフォーム後の屋根漆喰

上塗りに白の漆喰を塗り完成しました。

 剥落が目立ったすずめ口は雨樋を取り外したうえで、今主流となっているプラスティック面土を打ち、新しい雨樋で復旧しました。

 

 このような漆喰の塗替えや雨樋の取替えリフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

霧除けの取替えと戸袋の撤去のリフォーム 浜松市南区 O様邸 

 浜松市南区O様邸で、屋根の波トタンがボロボロになった霧除けの取替えと使わなくなった雨戸の戸袋を撤去して外壁を貼るリフォームをしました。

リフォーム前の霧除けと戸袋

屋根の波トタンがボロボロになった霧除けと、窓の奥にある使わない雨戸の戸袋。
霧除けと戸袋を解体し撤去

霧除けと戸袋を解体して撤去したところ。土壁が見えていますね。
リフォーム後の霧除けと元の戸袋があった所

既製品の霧除けを取付けました。戸袋があったところも下地を作って波トタンを貼りました。

 このような霧除けの取替えなど、家の外側のちょっとしたリフォーム経験豊富な優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績がたくさんあるため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

軒天の貼り替えリフォーム 浜松市南区 S様邸

 浜松市南区S様邸で軒天の貼り替えリフォームをしました。軒天用の木目調のプリントべニアが貼ってありましたが長年風雨にさらされたため、めくれてしまったためです。

ボロボロになった軒天のべニア



雨漏りがしていたためと、長年の風雨にさらされた経年劣化でボロボロになってしまった軒天べニア。
貼り替えリフォームが完了した軒天



雨漏りの水を止めて、既存に最も近い色と柄の軒天用のべニアを貼りました。

 軒天は外部では傷みやすい個所のうちの一つです。雨漏りが原因になっていることもあるのですが、べニアの場合は長年の風雨にさらされた経年劣化でめくれてきてしまうことが多いようです。

 

 このような軒天の貼り替えリフォーム腕の優れた大工を抱えた浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

高齢者介護施設で玄関ポーチの天井リフォーム 浜松市西区 

 いつも当社にリフォームのご依頼をいただいている浜松市西区の高齢者介護施設で玄関ポーチの天井の貼り替えリフォームをしました。

 

 今までの天井板はよくある軒天用の木目調の化粧合板が貼ってありましたが、長年風雨にさらされていたのでかなり傷んできていました。

リフォーム前の玄関ポーチの天井



リフォーム前の玄関ポーチの天井。木目調のプリント化粧合板が貼ってありました。
貼り替え後、塗装して完成


ケイカル板を貼って塗装をします
。これで風雨にさらされても大丈夫です。ダウンライトは不要ということで撤去しました。

 

 以前はこのような所や住宅の軒天には、この軒天用の化粧べニアが貼ってあるところが多かったです(もちろん今でも使われているところはありますが)。

 

 長年風雨にさらされてほとんどの家が、めくれたりヒビが入ったりして傷んできて、見栄えも悪くなってきています。特に台風が過ぎ去ったあとはこの「軒天がめくれた」というお話が多いです。これらの場合、下地組も傷んでいることが多いので、そこで腕の良い大工が必要となるわけです。

 

 当社は、優れた腕の大工がいる浜松市のリフォーム専門の工務店なので、どのようなリフォームにも対応できますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

軒天と雨樋のリフォーム 浜松市南区 T様邸 

 浜松市南区I様邸で、玄関の外の軒天と雨樋のリフォームをしました。

軒天と鼻隠し板がボロボロに

屋根からの雨漏りのためか、軒天と鼻隠し板が下地を含めて、腐ってボロボロになっていました。


軒樋もとれてしまっていました。

当社の大工が軒天と鼻隠し・破風板を補修



桟葺きの屋根は以前にどこかの業者さんが直してあったので、雨漏りは止まっていると判断しました。

ウチの大工さんが下地を組み直して、軒天と破風・鼻隠し板を貼り直しました。
板金で鼻隠し・破風板を巻いて雨樋を取付け

板金屋さんが破風・鼻隠し板をガルバリウム鋼板で巻いて、雨樋を取替えました。

これで軒天と雨樋のリフォームは完了です。

 軒天が悪くなる原因は雨漏りによることがほとんど
なので、補修リフォームの前に雨漏りの個所を特定して雨漏りを止め、そのあとに軒天のリフォームをしなければなりません。

 こちらは、すでに屋根の補修は済んでいたので、二日間でこのリフォームを終了することができました。
 

 このような軒天と雨樋のリフォーム優れた腕の大工がいて、施工実績が豊富な浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら任せて安心ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

軒天のリフォーム 浜松市中区 I様邸 

べニアがめくれてしまった軒天<軒天井のベニアがめくれている>

べニアがブヨブヨしている霧除け天井

<ブヨブヨになった霧除け天井>

リフォーム中の霧除け天井<既存の上に新しい板を貼ります> 最後の仕上げの塗装工事<塗装をして完成です>

 いつも何かあるとご連絡をいただいている浜松市中区I様より、「軒裏のベニアがはがれているので見てほしい」とのお電話をいただき、早速調査に伺いました。

 

 昔の家なので軒裏や霧除けの天井は<ベニア+塗装>仕上げになっていまして、はがれた所以外にもベニアの性がなくなってブヨブヨしているところがあちこちにありました。ベニアを貼ってある下地はしっかりしていたので簡単にできる、「重ね貼り工法」でリフォームすることにしました。

 

 先ずは当社の大工がブヨブヨしている所をめくって、今の板の上に新しい板「ケイ酸カルシウム板」と言うのを貼っていきます。この「ケイ酸カルシウム板」というのは不燃材で本来は鉄骨などの耐火被覆に使われるのですが、比較的軽いので近年は軒裏の天井板に使われることが多くなってきました。

 

 軒・霧除け天井の全体に貼り終わったら、取合い部をコーキングします。そのコーキングが乾いたら仕上げに防カビ剤入りの塗料で塗装して完成です。

 

 もう年数が経っても、めくれたりブヨブヨすることもなく安心です。

 

 このような軒天のリフォームも、優れた腕の大工や職人が揃っている浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg