最新のリフォーム施工事例

 

 最近の施工事例をご紹介いたします。いろいろな関係上、ごく一部しかご紹介できませんが、今後のリフォームを考える上でのご参考になれば幸いです

(掲載後、3ヶ月を経過したら「場所・部位別の施工事例」に移動します。

又、こちらに未掲載の施工事例もありますので併せて

「場所・部位別のリフォーム施工事例」をご覧ください。)


クラックの入った布基礎と犬走りを解体して作り直す基礎のリフォーム 令和2年12月 磐田市

 磐田市のお宅の3回目は、かなりひどくクラックの入った台所の角の布基礎と、内部の土が流出している犬走りのコンクリートを解体してしっかりと作り直す、基礎のリフォームのご紹介です。

リフォーム前の布基礎と犬走り
リフォーム前の
、台所の角のコンクリートを打ってある犬走りと布基礎。犬走りの中の土は流れ出ていて空洞です。
布基礎の立ち上がりに入ったクラック
 
布基礎に入っているクラック。向こう側にも同じように入っているので、当初は地盤が下がって入ったと思っていました。
 犬走りをハツリ・解体したリフォーム中  

トタンをめくって犬走りを解体した、リフォーム中の基礎。同じ高さにクラックが入っているのがわかります。
 布基礎が爆裂した内部の状態
 

台所の床を解体して室内の基礎を見たら、こんな状態でした。鉄筋の腐食・膨張によるコンクリートの爆裂でした。
 リフォーム中の解体した布基礎の立ち上がり


布基礎の立ち上がりを解体したところ。縦筋が入っていなくて、横筋はなんと同じ高さに二列に入っていました。一見頑丈そうに思えますが実はこれがダメなのです(後述)。
配筋中の新しく作る布基礎

勝手口ドアまでの片側の布基礎を解体して、新しく作る布基礎のベースの準備をしています。
ベースを打った新しい布基礎
 
ベースを作った後、立ち上がりを打つので配筋をして型枠を入れます。もう一方の布基礎は建物が下がるといけないのでこれが出来てから壊します。
 もう一方をリフォーム中の布基礎


台所の中から見た、L型のもう一方の布基礎を解体して、ベースを打っているところ。
犬走りのリフォーム中
 
L型に布基礎を作り直し、補強を兼ねた犬走りも作り直している、リフォーム中の基礎。
 リフォーム後の布基礎と犬走り
 

リフォーム後の台所の犬走りと布基礎。勝手口のドアやサッシを取り替え、外壁トタン・雨樋をやり替えています。

 

 
こちらは台所の中から見た、和室との境の布基礎の立ち上がり。ここも爆裂しています。台所にベタ基礎を打つので新たに和室側と両方に立ち上がりを作って、これを挟み込みます。
リフォーム中の布基礎の立ち上がりとベタ基礎
 
ベタ基礎のコンクリートを打ったところ。この縦筋に横筋を絡めます。
ベタ基礎にコンクリートを打ったリフォーム中
 
昔どこかのシロアリ消毒屋が壊した基礎の開口部もコンクリートでふさぐので、反対側に型板を入れています。
立ち上がりに横筋と型枠を組んだリフォーム中
 
リフォーム後の、和室との境の基礎に添えて作った立ち上がりとベタ基礎。今までの基礎が弱くてアンカーで接続できないので反対側にもこれと同じ基礎を作って、爆裂した基礎を挟んでいます。
リフォーム後の立ち上がりとベタ基礎

 地盤沈下によるクラックだと思っていたのが爆裂によるものだとは、開けてビックリでした。上で書いた横に二列に鉄筋を入れてあるのがなぜダメなのか。

 建築基準法にコンクリートの「かぶり厚さ」(鉄筋の表面から外気までの厚さ)という規定があって、立ち上がり部は40o以上取らないといけないことになっています。写真で見るように立ち上がりの幅120oの所に2本入っているので、両側とも30o程しかありませんでした。

 このため細かいクラックが入って水分が侵入し、鉄筋が腐食・膨張して、大きなクラックになってコンクリートが爆裂したと思われます。(爆裂とは、コンクリート内部の鉄筋が水分などで腐食・膨張してコンクリートを押し出しクラックを発生させはがれさせる現象です)

 ここ以外はこれほどひどい状態の基礎はなかったので、とりあえずは良かったです。

 

 このような犬走りや布基礎を作り直すリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のリフォーム施工事例はこちら



0.75坪のタイル貼のお風呂をユニットバスにする浴室のリフォーム 磐田市 令和2年12月

 前回ご紹介の磐田市のお宅で、0.75坪のタイル貼のお風呂を全面解体してユニット(システム)バスにする、浴室のリフォームをしました。

リフォーム前の0.75坪のタイル貼の浴室
リフォーム前のタイル貼のお風呂。床のタイルは半分以上はがれています。
解体したリフォーム中の浴室
解体した浴室。手前が洗面所、奥が前回ご紹介した台所です。この後、この柱は上に補強材を入れて撤去し、土間に厚さ100mmでコンクリートを打ちました。
高断熱浴槽
今回のユニット(システム)バスの高断熱浴槽です。全体を発泡スチロールの断熱材で包んでいます。
システムバスになったリフォーム後の浴室
ユニット(システム)バスになった、リフォーム後の浴室。リクシルの「アライズ」1216 です。浴槽の所に太陽熱温水器からお湯を入れるため、混合水栓を取り付けています。

 この工事以外に、洗面所はドアの取り替えを含む全面解体してのリフォーム、サッシを断熱サッシに取り替え、灯油ボイラーをガス給湯器に取り替える、などのリフォームもしています。

 

 このようなタイル貼のお風呂をユニットバスに取り替える浴室のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の浴室のリフォーム施工事例はこちら



内部全面を作り直しシステムキッチンを入れる台所のリフォーム 磐田市 令和2年12月

 磐田市のお宅で、台所の床を解体して基礎を補修し土間にコンクリートを打ち新しく作り直し、壁・天井も解体して断熱材を入れて作り直し、建具・サッシをすべて入れ替え、システムキッチンを入れる、台所の全面リフォームをしました。

リフォーム前の台所とキッチンセット
リフォーム前の台所とキッチンセット。右にある勝手口ドアやキッチン前のサッシも取り替えます。
解体して土間コン打設の鉄筋を組んだリフォーム中の台所
全面解体して土間にコンクリートを打つために、鉄筋を組んだリフォーム中の台所。右に見える布基礎は後で作り替えます。
解体・撤去したリフォーム中の台所
土間コンクリートを打った、リフォーム中の台所。布基礎が爆裂しているので作り直すため、とりあえず半分が施工途中です。左側の残っている基礎に爆裂が見られます。
床組をしているリフォーム中の台所
床組をしている、リフォーム中の台所。
床下断熱材を入れたリフォーム中の台所
床下断熱材を入れたところ。この上に、12o厚の耐水合板を下貼りします。
フローリングを貼ったリフォーム中の台所
フローリングを貼り、勝手口の上り口の段差が大きので、踏み台を作ります。
天井・壁・サッシなどをリフォーム中の台所
天井を作り直し、壁の下地をやり直して断熱材を入れます。窓は断熱サッシに取り替えています。
キッチンパネルを貼ったリフォーム中の台所
壁を作った後、自社でキッチンパネルを貼った、リフォーム中の台所。
システムキッチンなどのリフォーム後の台所
リフォーム後の台所とシステムキッチン。勝手口には通風ドアを取付けています。システムキッチンは クリナップの「ラクエラ」です。

 


上の場所の反対側を見たところ。食器棚と冷蔵庫の向こう側にも、もう一つの勝手口があります。
リフォーム前の台所と食器棚

解体したところ。この勝手口はドアを撤去して壁にします。横にある木製の窓は浴室の窓です。ここも壁にします。配電盤は取り替えます。
解体・撤去したリフォーム中の台所

リフォーム後の台所のシステムキッチンと食器棚と家電収納。セットになっています。
リフォーム後の台所と食器棚

 

リフォーム前の台所の建具
リフォーム前の台所の建具。左側は和室になっています。
リフォーム後の台所の建具
リフォーム後の台所の建具。和室側の引き違い戸と右が廊下への出入口ドア。

 基礎をやり直しての(次回にご紹介いたします)全面リフォームでしたので、通常のリフォームより時間がかかりましたが、お施主様に「これで一安心です」と大変喜んでいただけました。

 

 このような台所を全面解体して作り直すリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の台所のリフォーム施工事例はこちら



外壁の塗り替え、軒天の貼り替えなどの外装全体のリフォーム 浜松市西区 令和2年12月

 浜松市西区のお宅の続きで、外壁など屋根以外の全体の塗り替え、軒天の貼り替え、雨樋の取り替え、プラスチック面戸の取り付け、TVアンテナの取り替え、戸袋の改修など、外装全体のリフォームをしました。

外装全般のリフォーム前 外装全般のリフォーム前
外装全般のリフォーム後 外装全般のリフォーム後

  いかがでしょうか。落ち着いたいい感じに仕上がりましたね。

 

 このような外壁を塗り替えるなどの外装のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の外壁のリフォーム施工事例はこちら


その他の外装のリフォーム施工事例はこちら



耐震性向上のため和瓦を軽量瓦にする屋根の軽量化リフォーム 浜松市西区 令和2年12月

 浜松市西区のお宅で、耐震性能・耐風性能を向上させるため2階屋根の重い和瓦と瓦土を撤去して、軽量瓦に葺き替える、屋根の軽量化リフォーム1階の瓦の漆喰を塗り替えるリフォームをしました。

 何年か前に他社で1階の耐震補強の工事をしたとのことですが重い瓦が心配だったそうで、今回当社で外壁の塗り替えや軒天・戸袋・漆喰などの外装のリフォームリビングや広縁など内部のリフォームをするため、この際思い切って屋根の葺き替えも一緒にやってしまいましょう、ということになりました。

屋根の葺き替えリフォーム前の2階の和瓦
葺き替えリフォーム前の2階の屋根の和瓦。耐震上重要な2階のみの葺き替えとなります。
瓦と瓦土を撤去している屋根の葺き替えリフォーム中
雨対策で一日で瓦をめくって野地板とルーフィングを貼らないといけないので、職人を多く投入します。
野地板を貼りルーフィングを貼った屋根のリフォーム中
瓦・瓦土を撤去して、野地板とルーフィングを貼った、屋根の葺き替えリフォーム中。
軽量瓦に葺き替えた屋根のリフォーム後
カラーベストに葺き替えた、屋根のリフォーム後。重さが今までの1/3程の重さになりました。
軽量瓦に葺き替えた2階の屋根のリフォーム後  

 


漆喰の塗り替えリフォーム前。鬼瓦の所はまだきれいなのですが棟の漆喰はカビや汚れで黒ずんでいます。
瓦の漆喰の塗り替えリフォーム前

漆喰の塗り替えリフォーム後。将来、カビや汚れが目立たないよう、グレーの漆喰にしました。
瓦の漆喰の塗り替えリフォーム後

 今回使ったカラーベストは、ケイミュー製品「コロニアルグラッサ」でして、屋根の美しさが長持ちする高耐候<グラッサコート>仕上げで30年相当の耐候性が確認されています。また一枚一枚が釘でしっかり固定されているので、強風による飛散が防止できます(風速60m/sの試験でも飛散しませんでした)。このようにケイミューの「コロニアルグラッサ」は耐震性・耐候性・耐風性などに優れた防災瓦なのです。

 

 このような屋根の葺き替えリフォーム漆喰の塗り替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の屋根などのリフォーム施工事例はこちら



屋根は塗り替え、外壁は貼り替える物置の外装のリフォーム 浜松市東区 令和2年11月

 浜松市東区のお宅で(当社でのリフォーム3回目)、物置の屋根を塗り替え、外壁の錆がひどくなった丸波トタンをめくってガルバリウム鋼板に貼り替える、物置の外装のリフォームをしました。

物置の屋根と外壁のリフォーム前
屋根と外壁のリフォーム前の物置の外観。外壁の丸波トタンは錆がひどいのでめくり・撤去して下地を補修し、角波に成型したガルバリウム鋼板を貼ります。
物置の屋根と外壁のリフォーム後
屋根は塗り直し、外壁は貼り替えた、リフォーム後の物置の外観。

 

物置の外壁の貼り替えリフォーム前 物置の外壁の貼り替えリフォーム前
物置の外壁の貼り替えリフォーム後 物置の外壁の貼り替えリフォーム後

 このほかに基礎のコンクリートの一部にクラックが入っていたので、そちらの補修工事もしています。

 

 このような物置の外装のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の外装のリフォーム施工事例はこちら



洋室と広縁の傷んだ床を全面解体して作り直す床のリフォーム 浜松市西区 令和2年11月

 浜松市西区のお宅で(当社でのリフォーム3回目)、洋室と広縁の床がブカブカしてきたので、全面解体して床組から作り直す、床のリフォームをしました。

床のリフォーム前の広縁の傷んだフローリング
リフォーム前の広縁の床。床組も作り直します。
床組をしたリフォーム中の広縁の床
束まで解体して大引・根太掛けと根太で床組をした、リフォーム中の広縁の床。
断熱材を入れたリフォーム中の広縁の床
根太の間にスタイロフォームの床下用の断熱材を入れます。
耐水合板を下貼りしたリフォーム中の広縁の床
12o厚の耐水合板を下貼りした、リフォーム中の広縁の床。
高機能フローリングを貼ったリフォーム後の広縁の床
丈夫で傷が付きにくい・ワックス不要などの高機能フローリングを貼った、リフォーム後の広縁の床。

 このような床組まで全面解体して作り直す床のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の洋室や広縁などのリフォーム施工事例はこちら

 


外階段に介護保険を使って手すりを取り付けるリフォーム 浜松市西区 令和2年10月

 浜松市西区のお宅で、外に付いているタイル貼の階段に、介護保険を使って手すりを取り付ける、ご高齢者対応のリフォームをしました。

手すりの取り付けリフォーム前の外階段
手すりを取り付ける前の、タイル貼の外階段。1階が駐車場になっているので外に階段が付いています。
手すりの取り付けリフォーム後の外階段
外部用の手すりを取り付けた、ご高齢者対応のリフォーム後の外階段。

 

手すりの取り付けリフォーム前の外階段 手すりの取り付けリフォーム前の外階段
手すりの取り付けリフォーム後の外階段 手すりの取り付けリフォーム後の外階段

 これで安心して昇り降りができるようになりましたね。

 

 このように介護保険を使って外の階段に手すりを取り付ける、ご高齢者対応のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のご高齢者対応のリフォーム施工事例はこちら



浴槽を撤去してシャワー室に作り替えるなど浴室のリフォーム 浜松市西区 令和2年9月

 浜松市西区のお宅で、0.75坪のお風呂の浴槽を撤去して床を作り直しシャワー室に、壁・天井も下地を組んで防水仕様に作り直すなど、浴室のリフォームをしました。

リフォーム前の浴室
リフォーム前のタイル貼の0.75坪の一般的な浴室。
リフォーム中の浴室
浴槽を撤去して床タイルをめくった、リフォーム中の浴室。
リフォーム後のシャワー室になった浴室
壁を補修して、床には冷たく感じない「サーモタイル」を貼った、リフォーム後のシャワー室になった浴室。水栓も使いやすいように上にあげています。

 


リフォーム前の浴室の壁と天井。壁は木組みが露出した漆喰壁。天井はベニヤ板に塗装。換気扇はなく換気口だけでした。
リフォーム前の浴室の壁と天井

電気の配線を先行して、現状の壁と天井の上に下地を組んでいきます。
リフォーム中の浴室の壁と天井

全面にケイカル板を貼って接合部にシーリングを打ち防水塗料を3回塗った、リフォーム後の浴室。換気扇と照明器具はこの後お施主様がご自分で付けています。
リフォーム後の浴室の壁と天井

 このような浴室を大幅に変えてシャワー室にするリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の社員の大工や職人スタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の浴室のリフォーム施工事例はこちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg