リノベーションの施工事例

(2013年5月以前のものはパソコントラブルでデータが消失してしまったのでそれ以降の事例となります)

◆浜松市南区 S様邸 (2016年4月〜5月)

和室の続き部屋を大変身リフォーム! 浜松市南区 平成28年5月

 浜松市南区のリノベーションをしているお宅で、和室の続き部屋を洋室と琉球畳にする大規模模様替えリフォームをしました。

 

 20年近く使っていなかった部屋でしたのでかなり汚れていたのですが、当社の大工とスタッフが見事に大変身させました。

リフォーム前の南和室と床の間・仏間・押入れ

リフォーム前の6帖の和室。奥から床の間・仏間・押入れと並んでいます。

20年近く物置としか使っていなかったので、かなり汚れていました。
リフォーム中の南側和室

荷物を片付けて建具を外し、畳を撤去したところ。
リフォーム中の南側和室

床の間と仏間の境の壁と柱と、垂れ壁を解体して撤去しました。押入れの壁と垂れ壁は、構造上撤去するのはやめました。この後、天井も撤去します。
リフォーム中の南側和室

床の間と仏間のところが、天井まで開口のクローゼット、押入れのところが今までと同じ開口のクローゼットになります。どちらにも枕棚を付けて、奥にはハンガーパイプを、手前には中段を付けました。窓側は広縁風にフローリング貼り。
リフォーム後の南側和室

クロスを貼り、オーダーで作った扉を取付け、琉球畳を入れて完成しました。右にある建具は、今まで部屋の境がフスマだったのを、3本共引き込み戸にしました。

 



もう一部屋のリフォーム前の6帖の和室です。押入れと下に地窓が付いている吊り押入れがありました。
リフォーム前の北側和室


やはり荷物を片付けて、畳と建具を撤去したところ。この後、天井も解体・撤去します。
リフォーム中の北側和室


天井のボードを貼り終り、押入れの中と右側の垂れ壁を解体します。左側の垂れ壁も取りたかったのですが、構造上諦めました。
リフォーム中の北側和室


右側を天井までのクローゼットにして、中段・枕棚・ハンガーパイプを取付け、使い勝手の悪い地窓は塞ぎました。
リフォーム中の北側和室


和室2部屋のリノベーションが完成しました。元の姿が想像できないですね。
洋室にリフォームした北側和室

 

 リフォーム後の南側和室

南側の部屋を見た写真。部屋の境の3本引戸を引き込んだ状態です。
引戸を閉めると独立の洋室にリフォーム
引戸をすべて出して部屋を間仕切りました。こうすれば何かの時にそれぞれ単独の部屋として使えます。


北側の部屋を見た写真。別々の部屋として使う場合のために、出入口(右側の引戸)をどちらにも付けています。
南の部屋から見た北側洋室


間仕切りの引戸を閉めると、独立した和室になります。
間仕切り引戸を閉めると和室に

 

リフォーム後の南側和室の全景南側の6帖の全景 リフォーム後の北側和室の全景北側の7帖になった洋室の全景


 いかがでしょうか。6帖の和室+床の間・仏間・押入れと6帖の和室+押入れ2ヶ所の続き部屋が、合計13帖+クローゼット3ヶ所の部屋に見事に大変身しましたね。境の敷居は段差がなくバリアフリーです。本当に当社の大工の腕の見せ所のリフォームでした。

 

 このような大規模な部屋の模様替えリフォームも、優れた腕の大工が社員として在籍しているリフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

◆浜松市西区 F様邸 (2014年7月〜12月)

リノベーション・大規模リフォームが完成 その2 (1階編) 浜松市西区 平成26年12月

 浜松市西区でのリノベーション・大規模リフォームが完成しましたので、前回は外観の変化を見ていただきましたが、今回は1階の内部をご紹介いたします。

リノベーション前の1階の平面図<今までの1階平面図


リノベーション用の新しい平面図<リノベーション用の平面図>


新しく作った玄関とスロープ


新しく作った玄関とスロープ。もともと勝手口だったところでした。



玄関の内部。写真では判りづらいですが式台がついています。玄関収納の向こうは階段下の収納スペースになっています。
元勝手口だった新しい玄関
床暖房が入ったLDK


16.3帖のLDKの対面式キッチン。ここは温水式の床暖房が入っています。



キッチンの内側。鉄骨の柱型があるのでそれに合わせてカウンター付きの収納ユニットを入れました。
キッチンの内側
二部屋続きの洋室


続き部屋になっている洋室。奥のクローゼットの高さが違うのは、右側の上部に鉄骨梁があったためです。



ユニットバスはTOTOの「サザナ」1717です。断熱性が優れています。
きれいなユニットバス
機能的なトイレ


トイレの内部。手洗ユニット・手すり・鏡・収納ボックスも取付けました。もちろん便器は超節水型です。



収納キャビネットを備えた洗面所。この部屋から浴室とトイレに入ります。床暖房があるので床下点検口を作ってあります。

洗面所兼洗濯場建脱衣所

 床材は当社お勧めの「滑りにくい」「傷がつきにくい」「ワックス不要」などの高機能フローリング・東洋テックス「ダイヤモンドフロアー」を使いました。

 

 このようなリノベーション・大規模リフォーム優れた腕の大工を抱えた浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

リノベーション・大規模リフォームが完成 その1 (外観編) 浜松市西区 平成26年12月

 今年7月から解体工事がスタートした、浜松市西区の鉄骨造延べ50坪のリノベーション・大規模リフォームが完成しました。

 

 屋根(漆喰はやり直しましたが)と外壁・2階の床・階段だけを残して、他はすべて解体してがらんどうにし、内部はすべて作り直し、サッシもすべて取替え、外壁は既存のモルタル壁の上にカバー工法で、ケイミューの金属サイディング「はる一番」を貼り、軒天や雨樋もすべてやり直しをした、リノベーション・大規模リフォームでした。

リノベーション前の外観



施工前の南東からの外観。1階が店舗だったので出入口が見えます。
リノベーション後の外観。


リノベーション後の外観。漆喰・軒天などもリフォームしたのがわかります。
窓位置もほとんど変わりました。



施工前の北東からの外観。外壁がかなり汚れて傷んでいるのがわかります。
リノベーション前の外観



リノベーション後の外観。屋根以外、内部・外部共見える所はすべて新しくなりました。
リノベーション後の外観

 これだけの規模のリフォームですと、さすがにやりがいがありました。有難いことに、こちらのお客様は当社とウチの大工をご指定いただいてのリノベーションでした。ですから途中に他のリフォームの仕事でちょくちょく抜けさせていただくことをご了承しての作業でしたので延べ6か月も掛かってしまいました。


 ウチの大工さんで解体から木工事とすべてやったので苦労をかけましたが、出来上がりを見て満足感いっぱいでした。

 

 このようなリノベーション浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

リノベーション・大規模リフォーム G 浜松市西区 平成26年11月

 浜松市西区のリノベーション・大規模リフォームの現場は、屋根・外壁やそれらの関連した工事が終了し、大工さんの内部の木工事も終わりました。

ツートンに貼り分けた外壁


足場がとれて外観がわかります。この後、外部は玄関ポーチやスロープの造成、外構工事などをやっていきます。


建具もはまった室内。大工さんの工事は終了して、クロス工事のあと、電気屋さんが照明器具とエアコン、コンセントやスイッチのプレートなどを取付けて完成となります。
建具がはまりました
クローゼット扉も取付ました


クローゼットの扉もつきました。中には枕棚とハンガーパイプがついています。

 

 12月は急ピッチで内装工事、設備機器の取付、外部の配管等外構工事などをやって、年内に引っ越しができるよう20日頃の引き渡しを目指します。

 

 

リノベーション・大規模リフォーム F 浜松市西区 平成26年11月

 浜松市西区のリノベーション・大規模リフォームの現場は、外部は外壁・屋根等の作業が終わって足場がとれました。後は給排水配管や外構工事・玄関ポーチなどの工事にはいります。

足場がとれて全容を現しました

やっと足場がとれました。長かったなー。

軒天はすべてケイカル板を貼って塗装し、破風・鼻隠し・母屋(破風下に出ている垂木を受ける角材)のすべてを板金で包みました



屋根は工事範囲に入っていませんでしたが、漆喰が汚れていたりカビが生えていたりしたので、追加工事で漆喰をすべてやり直しました。
漆喰もすべてやり直しました
1階の内部、大工工事がもうすぐ終了

1階の内部。造作工事もほぼ終了して、クローゼットの内部に中段・枕棚・ハンガーパイプの取付、巾木・廻縁の取付や建具の吊り込みなどの作業に入ります。




2階も同様にいよいよ最後の大工工事にはいります。
2階の内部、こちらも大工工事が終了します

 とうとうここまで来た!という思いです。長かったなー!ウチの大工さんの工事は一応今週中で終了する予定です。

 

 後は内装や電気・機器類の取付、玄関ポーチやスロープの造成、外構などの仕上げ工事になります。なんとかお施主が12月に引っ越せて、新居で新年を迎えることができそうなので、ホッとしています。

 

 しかしここで気を抜くわけにはいかないので、最後の仕上げに向かってもうひと踏ん張りです。

 

 

リノベーション・大規模リフォーム E 浜松市西区 平成26年10月

 7月から解体より工事を始めた、浜松市西区のリノベーション・大規模リフォームの現場は、内部の木工事と外壁の金属サイディングを貼る工事が進み、やっと形が見えてきました。

1階の内部
1階の内部。各部屋の壁組ができ、電気の先行配線も終わりました。この後、建具・クローゼット・窓などの枠を取付けて、壁・天井にボードを貼り、床に高齢者対応の滑りにくいフローリングを貼ります

2階の内部。天井にボードを貼り終えています。

こちらも、各枠を取付けてからボードや高齢者対応の滑りにくいフローリングを貼っていきます。
2階の内部
1階部分の金属サイディング
1階部分の貼り終えた金属サイディング。2階部分は白系の色で切り替えています。

金属サイディングは「ケイミュー」の「はる一番」でして、軽量で断熱・遮音・防水性能が良く、表面塗装がフッ素焼付塗装なので塗膜が長持ちするという優れものの外壁材です。

 年内引き渡しを目指して、他のリフォーム工事もこなしながらがんばっています。

 

このように優れた腕の大工二人を抱えた、浜松のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、どのようなリノベーション・大規模リフォームにも対応できますので、お気軽にご相談ください。

 

 

▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg