静岡県浜松市で、小さなリフォームから大きなリノベーションまで。確かな技術と信頼であなたの想いをカタチにします。

静岡県浜松市で、小さなリフォームから大きなリノベーションまで。 
確かな技術と信頼であなたの想いをカタチにします。

便所・トイレのリフォーム施工事例

①便器や器具を取り替える、またそのために床・壁などの下地を補修し内装も貼り替える、など一般的なトイレのリフォーム、②和式や兼用便所を洋式にするためトイレの内部の床・壁・天井などを作り変えたり、大小に分かれている便所を一つの部屋のトイレに作り変えるなど、大工工事が必要なトイレのリフォーム、③トイレのない所に新しく作る、または今まであった所から他の場所にトイレを作るなど、トイレの新設リフォーム、をご紹介いたします。

便器を最新式の節水便器に器具も最新式のものに取り替える・トイレ内に手すりを取り付ける、またそれらのために床・壁などの下地を作り変える、など大掛かりな工事を伴わないリフォームです。

リフォーム前

リフォーム後

和式や兼用便所を解体して洋式トイレに作り変えるリフォームや、大小に分かれている便所を一つの部屋の洋式トイレに作り変えるリフォームなど、当社の大工が腕を振るうリフォームのご紹介です。

リフォーム前

リフォーム後

トイレがなかった所に新しく作ったり、今まであったトイレを別の場所に作り直したりなど、便所・トイレの新設リフォームや①②以外のトイレのリフォームのご紹介です。

リフォーム前

リフォーム後

 袋井市の事務所で(当社でのリフォーム3回目)、男女に分かれている便所が、両方とも段付きの兼用便器が付いているので、段床を解体して洋式便所に作り直す、トイレのリフォームをしました。

トイレのリフォーム前の兼用便器

リフォーム前の段床付の大小の兼用便所。以前の事務所や店舗のトイレはほとんどがこのタイプです。

段床を解体・撤去したトイレのリフォーム中

便器や床の段を解体・撤去したリフォーム中のトイレ。今まで電源がなかったので配線を先行します。

モルタルを打ったトイレのリフォーム中

間をモルタルで補修し、右側のパーテーションパネルの下の解体跡にパネルを貼り、壁タイルの補修箇所に見切り材を打ちます。

タイルと床を補修したトイレのリフォーム中

壁にタイルを、床にサンゲツ製品の複層ビニル床シートを重ね貼してコンセントを取付けた、リフォーム中のトイレ。

節水便器を取付けたリフォーム後のトイレ

TOTOの節水便器を取付け洋式便所になったリフォーム後。

リフォーム前の兼用便所

洋式便器がついたリフォーム後のトイレ

リフォーム前の兼用便所

洋式便器がついたリフォーム後のトイレ

このような兼用便所を洋式便所にするトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の職人スタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のS様邸で、床と巾木がタイル貼だった便所の内部を解体して作り直し、内装を貼り節水便器を取り付ける、トイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前の床がタイル貼のトイレ

リフォーム前の巾木と床がタイル貼のトイレ。便座は変えていますが、今では懐かしい便器です。

リフォーム中の解体したトイレ

内部を解体している、リフォーム中のトイレ。排水配管の立ち上げや給水配管・コンセントの位置を移動します。

リフォーム中の大工工事が終わったトイレ

下地を組んで全面に耐水合板を貼ります。

内装を貼り節水便器が付いたリフォーム後のトイレ

内装を貼り、最新式の節水便器を取付けた、リフォーム後のトイレ。

 こちらのお宅は台所もそうでしたが築年数が経っているわりには、柱や土台などの木材に腐りや食害がなく良いお家でした。

 このようなトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市西区のS様邸で、汲み取り式を合併処理浄化槽にするリフォームに伴い、小便室と和式便所に分かれているトイレを一つの部屋の洋式便所に作り変える、トイレのリフォーム入り口を広くして引戸を取り替える、建具のリフォームをしました。

リフォーム前の汲み取り式の和式便所

リフォーム前の汲み取り式の和式トイレ。ネポンの簡易水洗のトイレです。これ、一時流行ったのですが、水と泡で流すので汲み取りの回数が増えるというデメリットがあります。

リフォーム前の汲み取り式の和式便器と小便室

手前が小便室になっている、リフォーム前の汲み取り式のトイレ。入り口が狭いので広くします。

 解体したリフォーム中のトイレ

内部をすべて解体し入り口を広げた、リフォーム中のトイレ。

床組したリフォーム中のトイレ

配管や電気配線を先行して床組をします。

壁に下地を組んだリフォーム中のトイレ

床に耐水合板を二重貼りして、壁にも下地を入れます。

下地工事が終わったリフォーム中のトイレ

壁にも耐水合板を貼った、リフォーム中のトイレ。窓は今までのままです。

水洗になったリフォーム後のトイレ

自動洗浄の小便器や手洗い器、タンクレスの超節水便器などが付いて一つ部屋になった、リフォーム後の洋式トイレ。

               ▼

リフォーム中のトイレの出入口

開口部を広げた、リフォーム中のトイレの出入口。将来、車いすが出入りできるように広くします。

               ▼

建具枠を入れたリフォーム中のトイレの出入口

今までは引戸を内側で引き込んでいましたが、今度は幅が広くなるので外側(廊下側)で上吊りで引き込むよう、枠を加工して取り付けます。

               ▼

上吊り引戸が付いたリフォーム後のトイレの出入口

上吊り引戸を取付けた、リフォーム後のトイレの出入口。引戸を閉めるとき最後にゆっくりとソフトに自動で閉まる、オートクローズ機能を付けています。

 いかがですか、まったく違ったトイレになりましたね。使い勝手が格段に良くなり、お掃除も楽になり、大変喜ばれていました。

 このような全面的に解体して作り直すトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のI様邸で、古くなった便器を超節水便器に取り替え内装を全面貼り替える、トイレのリフォームをしました。。

リフォーム前のトイレ

リフォーム前のトイレ。一昔前に多くの家に取付けられたタンク一体型の便器です。

リフォーム中のトイレ

床の排水の立ち上げ位置を新しい便器に合わせるため、床を開口して配管を切り回します。

全面リフォーム後のトイレ

超節水型の便器(TOTO・ピュアレストEX)に取り替え内装を全面貼り替えた、リフォーム後のトイレ。

 20年以上前の便器に比べると1回あたりの洗浄水量が大で4.8L、小で3.6Lと、約三分の一程度しか使わないので、大きな節約効果があります。標準家庭でなんと、年間約14,000円もお得との試算結果が出ていますので、今だ古い便器をお使いの方は一考の価値ありです。

 このような超節水便器に取り替えるトイレの全面リフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市東区のM様邸で、床を解体して作り直して廊下とバリアフリーにし、節水便器に取替え内装を貼り替えるなど、トイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前の2階のトイレ

リフォーム前の2階のトイレ。

リフォーム前のトイレの入口の段差

廊下より8cm程トイレの床が高くなっています。以前はほとんどの家で、脱いだスリッパにドアが当たらないような作りになっていました。

床を解体したリフォーム中のトイレ

床と右側の壁を解体した、リフォーム中のトイレ。手洗器を新たに取付けるので、配管を延ばしています。

床を作り直したリフォーム中のトイレ

床が下がった分、壁の下を継ぎ足し、廊下とフラットになるように床を作り直したところ。

リフォーム後の2階のトイレ

内装を貼り替え、節水便器や手洗器を取付けた、リフォーム後の2階のトイレ。

 1階のトイレもこの2階とまったく同じ工事でバリアフリーにしています。ドアは床が下がった分、下が開いてしまうので作り直すことが多いのですが、良いドアでもったいないのでウチの大工がドアの下に材木を加工して取付け、塗装して1・2階共再利用することにしました。

 このような床を解体して作り直すなどのトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市西区のF様邸で、1階の大・小独立した別々の部屋のトイレを、間仕切り壁を解体して一つの部屋のトイレにする、トイレのリフォームをしました。

リフォームリフォーム前の洋式トイレ

リフォーム前の洋式便器が付いているトイレ。

リフォーム前の小便器室

隣にある男子用の小便器が付いたトイレ。完全に別室になっています。

リフォーム前の二つに分かれているトイレ

リフォーム前の上の二つのトイレを廊下から見たところ。左側のドアが小便器室です。

リフォーム中のトイレ

器具を撤去し、間仕切り壁・床・天井を解体して一つの部屋にし床組を作り直している、リフォーム中のトイレ。

リフォーム中の廊下側から見たトイレ

右側の洋便室のドアはそのまま利用し、左側の小便室のドアの所は壁にしました。

リフォーム後の一つの部屋になったトイレ

明るくて広い一つの部屋になった、リフォーム後の1階のトイレ。

              ▼

リフォーム前の2階のトイレ

リフォーム前の2階のトイレ。便器を取替え、内装をすべて貼り替えます。

リフォーム後の2階のトイレ

リフォーム後の2階のトイレ。給水の位置を今度の節水便器に合わせてやり直しています。

 どちらも節水型の便器なので、かなりの省エネになります。

 このような大幅な改造を伴なうトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 台風24号による停電のため工事を延期させていただいた磐田市のS様邸で、古い便器を節水便器に取替え内装を貼り替える、トイレのリフォームをしました。

リフォーム前のトイレ

リフォーム前の古いタイプの便器が付いているトイレ。

リフォーム中のトイレ

壁がボード貼りでしたので、めくってビスが効くように合板に貼り替えます。

リフォーム中のトイレ

リフォーム中のトイレ。床は耐水合板を重ね貼りし、壁は両側共同じく合板に貼り替えました。これで将来手すりがどちら側にも取付けできます。

リフォーム後のトイレ

リフォーム後の、内装を貼り替え、節水便器が付いてきれいになったトイレ。

 こちらのお宅はトイレがここしかなかったので、この工事は1日で完成させました。

 このようなトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のK様邸で(当社でのリフォーム3回目)、古くなった便器を節水便器に取替え、壁に下地を入れて手すりを取付け、内装を貼り替え、建具を取替えるトイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のトイレ

リフォーム前の古い便器のトイレ。

リフォーム中のトイレ

便器などを取り外して、両側の壁と床に耐水合板を重ね貼りしました。今まではボードだったので、手すりや紙巻器がしっかりと固定できませんでした。

クッションフロアーとクロスを貼ったリフォーム中のトイレ

床にクッションフロアーを、壁にクロスを貼り内装が仕上がったリフォーム中のトイレ。

リフォーム後のトイレ

節水便器と手すり、立ち上がるときに手を掛けれる紙巻器、タオルリングが付いたリフォーム後のトイレ。

取替えリフォーム前のトイレのドア

取替えリフォーム前のトイレのドア。昔なので内開きになっていました。

リフォーム後のトイレのドア

取替えリフォーム後のトイレのドア。レバーハンドルのドアに取替えて外開きにしました。今はトイレのドアは基本的に外開きに取付けるようになっています。

取替えリフォーム前のユニットバスのシャワー水栓

ついでにユニットバスのシャワー水栓の水が止まらないというので、取替える事にしました。リフォーム前の水栓です。20年程経っています。これと同じタイプがあるかどうか。

取替えリフォーム後のユニットバスのシャワー水栓

取替えリフォーム後のシャワー水栓。探して見つかりました。そしてなんと、普段は見えないユニットの中で水漏れしていたので、取替えて本当に良かったです。

 これまでのトイレのドアはほとんどの家が内側に開くように付いていました。そして中のスリッパがドアに当たらないように中の床を下げるか、ドアの敷居を上げるかして作っていました。でも今はドアの場合は外開きにするようになっています。

 その理由は、トイレの中で倒れる高齢者の方が多く、助け出すのに内開きだと本人が邪魔になってドアが開けられないからです。ですからトイレをリフォームする時はなるべくドアの開き勝手も替えるようにしています。

 このような節水便器に取替えるなどのトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市西区のS様邸で、古い便器を節水便器に取替え、壁と天井のクロスを貼り替えるトイレのリフォームをしました。

リフォーム前の洋式トイレ

リフォーム前の洋式トイレ。床と巾木のタイルはこのままでのリフォームとなります。

リフォーム中のトイレ

横の壁の一部が傷んでいたので貼り替えました。給水配管もやり替えます。

リフォーム後のトイレ

横の壁の一部が傷んでいたので貼り替えました。給水配管もやり替えます。

 このようなトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の職人スタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市南区のF様邸で(当社でのリフォーム2回目)、床と壁がタイル貼りの便所を全面解体して作り直し、古い便器を節水便器に取替える、トイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のタイル貼りのトイレ

リフォーム前の床や壁がタイル貼りのトイレ。便器もかなり古い物です。

リフォーム中のトイレ

全面解体したリフォーム中のトイレ。床組から作り直します。

リフォーム中のトイレ

床組や壁組をして内装の下地を作ります。床は耐水合板を二重に貼ってあります。

リフォーム後のトイレ

リフォーム後のきれいになったトイレ。これで寒さもだいぶ和らぎますね。

 このようなトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のS様邸で、小便室と洋式便所の二つに分かれているトイレを全面解体して作り直し、一つの部屋のトイレにするリフォームをしました。

リフォーム前の二つに分かれているトイレ

リフォーム前の洋式便所と小便室の二つに分かれているトイレ。手洗器も付いています。

解体リフォーム中のトイレ

リフォーム中の、壁や床のタイルをめくったところ。洋式便所だった所は、元々和式の便器が付いていたのをリフォームしたとのことで、床に和式便器の穴が開いていました。この床も解体します。

床組リフォーム中のトイレ

配管や電気を先行してから、床組して壁も作っていきます。

リフォーム中のトイレの床と壁

床に耐水合板を貼り、壁組のリフォーム中。トイレの幅が広いので将来的に介助がしやすいように、便器は真ん中より右側に付けます。

リフォーム中のトイレの腰壁パネル

腰壁には汚れが付きにくくお掃除が楽な アイカ「タフウオールS・トイレ壁面用メラミン化粧板」を貼りました。

リフォーム後の一つの部屋になったトイレ

リフォーム後の一つの部屋になったトイレ。床にはクッションフロアーを、腰壁の上と天井はクロスを(共にサンゲツ)、洋便器や小便器・手洗器などはすべて節水型のTOTO製品です。

 いかがでしょうか。広々とした、すっきりしてきれいなトイレになりましたね。

 このような、二つに分かれているトイレを全面解体して一つの部屋に作り直すトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市北区のT様邸で、敷地内にある作業場の中にトイレと流し台を新設するリフォームをしました。

トイレの新設リフォーム前の作業場の中

トイレの新設リフォーム前の作業場の中。この角にトイレと流し台を作ります。

トイレの新設リフォーム中の作業場の床と壁

リフォーム中の作業場の中。壁はボードをめくって下地を入れています。床は、コンクリートを斫って外から汚水の配管を入れて立ち上げています。

トイレの新設リフォーム後の作業場

トイレの新設リフォーム後。隣に流し台も新設しました。作業場なのでボードのままの仕上げです。

新設リフォームしたトイレの中

中はこんな感じ。いたってシンプルなトイレです。

 給水や汚水の配管は中に何もなかったので、すべて外の配管から分岐して中に引き込みました。

 このような作業場などにトイレや流し台を新設するリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のE様邸で、既存の床・壁・天井をすべて解体して作り直し、窓を断熱サッシに取替えるトイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のトイレ

リフォーム前のトイレ。下の方に地窓が付いていますが、塞いで壁にします。上の窓は断熱サッシに取り替えます。

解体が終り土間コンを打ったリフォーム中のトイレ

リフォーム中の、すべて解体して土間にコンクリートを打ったところ。右側がトイレで、左側が洗面・脱衣所です。

木工事をしているリフォーム中のトイレ

床組して合板を貼り、壁組しているところ。地窓は塞いで断熱材を入れてあります。

内張りが終わったリフォーム中のトイレ

内部全面に合板やボードを貼りました。壁の両側は器具を取付けれるように合板を貼っています。

内装が終わったリフォーム中のトイレ

内装を貼り終えました。床はクッションフロアー、壁と天井はクロスです。共にサンゲツの製品。

リフォームが完成したトイレ

器具の取付けが終わったリフォーム後のトイレ。便器は8月に発売になったばかりの TOTOの超節水型便器「ピュアレストEX」 です。

 このようにトイレを全面解体して作り直すリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市南区のH様邸で(当社でのリフォーム2回目)、離れの物置にある和式の兼用便所を洋式の便所にするトイレのリフォームをしました。

リフォーム前の兼用便所

リフォーム前の兼用便所。床は土間でタイル仕上げになっていました。

リフォーム中の兼用便所

段になっていた床を解体したところ。奥に想定外の配管が出てきたので、う~ん、どうしよう。このまま仕上げると配管が見えてしまいます。

リフォーム中のトイレの床と壁

給水・汚水の配管を今度の便器に合うように切り回しをして、土間にタイル用の下地コンクリートを打ちます。右奥に出てきた配管は両方とも動かせないことがわかりました。

リフォーム中のトイレの床と壁

床にタイルを貼り、壁を復旧しました。結局、奥の配管は壁を手前に作って隠しました。

リフォーム後の洋式になったトイレ

リフォーム後の節水型洋式便器が付いたトイレ。配管を隠すために前に出した壁は、腰壁にして天板を付けて飾り棚にしました。

リフォーム前の兼用便所の窓や壁・天井など

リフォーム前の兼用便所の窓や天井など。照明器具や換気扇も取替えします。

リフォーム後のトイレの壁や天井

リフォーム後の洋式になったトイレ。奥の配管を隠した壁を装飾棚にした天板が見えます。窓には新しくロールスクリーンを付けました。

トイレのすぐ横で子育て中のツバメ

なんと、この便所のすぐ隣の照明器具の上にはツバメの巣があって、子育ての真っ最中みたいで、心配そうにこちらを気にしていました。驚かしてごめんね。

 この現場のような想定外の状況にも臨機応変に対応できるのも、当社のセールスポイントです。

 このような兼用便所を洋式にするトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市南区のO様邸で(当社でのリフォーム2回目)、古い洋風便器を超節水式の便器に取替え、新しく手洗器を取付け、壁面収納を増やし内装を貼り替える、トイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のトイレ
リフォーム前のトイレ

リフォーム前のトイレ。以前人気のあったウォシュレット一体型の便器が付いています。壁面収納も手前に一か所あります。

リフォーム中のトイレ
リフォーム中のトイレ

リフォーム中のトイレ。壁面収納を奥に1ヶ所増やして、今までの収納の所は下に半埋め込み型の手洗器を、上には大きめの収納を取付けるように、壁を開口して下地を入れています。

リフォーム後のトイレ
リフォーム後のトイレ

リフォーム後のトイレ。便器は水道直圧型の超節水型TOTO「ネオレスト」が付きました。

 いかがですか。見違えちゃうでしょ。手すりや手を掛けて立ち上げることができる二連紙巻器も付いて、安心して使えるトイレになりました。

 このようなトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のM様邸で、1階のトイレのリフォームに続いて (その時の施工事例はこちら) 、2階のトイレもリフォームしました。2階のトイレの床は1階と逆で、敷居より8cm程下がっていましたので、かさ上げしてバリアフリーにしました。ドアはトイレの中に開くようになっていたので、これを基本的な外開きに付け直し、内装を貼り替えました。

リフォーム前の2階のトイレ

リフォーム前の2階のトイレ。床が廊下より下がっていて、ドアが内開きになっていました。今はトイレのドアは内開きには付けません。

リフォーム中のトイレの床

敷居とバリアフリーにするために、床と配管をかさ上げします。右側の壁は棚付二連紙巻器を取付けるために合板に貼り替えています。

リフォーム中の2階のトイレ

床に耐水合板とクッションフロアーを貼り、壁のクロスを貼り替えました。ドアの開き勝手を入れ替えたので照明のスイッチも移動しました。

リフォーム後の2階のトイレ

リフォーム後の2階のトイレ。便器は既存の物を再取付し、ウォシュレットは1階から移設しました。

リフォーム後の2階のトイレ

床は敷居の高さにかさ上げし、ドアは今までの物を外開きになるように付け直しています。

 このように予算を抑えるために既存の便器やドアなどを再利用してでのリフォームも、選択肢の一つとしてご検討されてはいかがでしょうか。

 このような床をかさ上げするトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のM様邸で、1階のトイレの床を組み直し廊下とバリアフリーにしての、トイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のトイレ

リフォーム前の1階のトイレ。ウォシュレットだけ2階のトイレに移設します。

リフォーム前のトイレの入口の段差

ドアが外開きですので、スリッパを逃げるため中の床が8cm程高くなっています。これをバリアフリーにします。

リフォーム中のトイレ

リフォーム中のトイレ。器具を撤去して、床を下げるために解体しています。

リフォーム中のトイレ

配管や配線の改修のためや、下地を合板にするために壁のボードをめくっています。写真はウチの大工のサトシ君が新しい半埋め込み型の手洗器の枠を付けているところ。

リフォーム中の大工工事が終わったトイレ

大工工事が終わったリフォーム中のトイレ。この後、木枠をチョコレート色に塗り替えます。

リフォーム中の内装が終わったトイレ

木枠を塗り直してから、床にクッションフロアーと壁にクロスを貼りました。

リフォーム後のトイレ

リフォーム後のトイレ。便器はTOTOの超節水型のタンクレストイレ「ネオレスト」

リフォーム後のトイレ

紙巻器は立ち上がるときに手を付ける 「棚付二連紙巻器」

リフォーム後のバリアフリーになったトイレの入口

廊下との段差がなくなりバリアフリーに。それに伴いドアも取替えました。

 この事例のように便器を取替えるだけのリフォームと違って、床や壁などを組み直すトイレリフォームは、大工の腕が重要な要素になります。1軒1軒トイレの作りが違うので、どのような状況にも素早く対応できる腕が必要なのです。

 このようなトイレの全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市中区のT様邸で(当社でのリフォーム6回目)、トイレの床を解体して敷居との段差を無くして(バリアフリー)、便器をタンクレスの超節水型に取替え、内装を貼り替えるトイレの全面リフォームをしました。

リフォーム前のトイレの壁と天井
リフォーム前のトイレ

リフォーム前のトイレ。奥に幅の広い棚が付いていて、一般的なトイレより奥行きは広いです。

リフォーム中の床を解体したトイレ

リフォーム中のトイレ。バリアフリーにするため床を解体し、手洗器を付けるため配管をやり直します。壁もボードだったので合板に貼り替えるためにめくりました。

リフォーム中の床組したトイレ

真ん中に大引きを入れて根太組し、断熱材を敷き込みます。

リフォーム中のトイレの床と壁
リフォーム中のトイレの壁と天井

床は耐水合板を二重に貼っています。壁や天井の器具などが付くところは下地用に耐水合板を貼りました。

リフォーム後のトイレの壁と天井
リフォーム後のトイレの内観

リフォーム後のトイレ。今までは便器が中心より手前にあったのですが、今度は奥にずらして手前を広く取り、いざという時介助がしやすいようにしました。

正面の手洗器は自動水栓型です。壁のクロスは貼り分けて、おしゃれで明るいトイレになりました。

 今回取付けた機器類はすべてTOTO製品でして、便器が超節水型 「ネオレスト・AH2W」 でして1回の洗浄水量はたった3.8Lだけなんです。

 このようなトイレのリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

 浜松市北区の工場で、男女とも和式になっている便所を節水型の洋式便器にするトイレリフォームをしました。

リフォーム前の和式のトイレ

リフォーム前の和式のトイレ。昔は工場や学校ではすべてこの和式のトイレでしたね。

リフォーム中の和式のトイレ

便器を取り外してカッターを入れて床のタイルをきれいに斫って、配管を新しい便器に合うように直します。

リフォーム中の和式のトイレ

既存と同じタイルはありませんので、似た色のタイルを貼って乾かします。

リフォーム後の洋式になったトイレ

リフォーム後の節水型の洋式便器になった工場の男子トイレ。同じリフォームを女子トイレでもいたしました。

 このような和式を洋式にするトイレリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の職人が揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは → こちら

有限会社 優建築工房
〒432-8061 
静岡県浜松市西区入野町286
(「しまむら」入野店の西側)
[営業時間]
8:00〜17:00
[TEL] 
053-445-2822