小さなリフォーム

 

「網戸を張り替えたい」「外壁のひび割れを補修したい」など、
ちょっとした工事、修繕が必要なことがあります。
 しかし、「どこに頼んでよいかわからない」とお困りでは
ありませんか。
優建築工房にお任せください。

 地域密着しているからこそ、小さな工事に柔軟に、スピーディに、丁寧に対応いたします。
 お年寄りの方、お忙しい方など、
ちょっとしたことでもお気軽にご相談、お問合せください。


 

reform_s_title2.jpg

・網戸の張り替え
・ふすま・障子の貼り替え
・クロス・床フロア貼替え
・畳の表替え
・ガラス交換、ペアガラス取付
・雨とい交換、水漏れ修理
・建具・サッシ修理、取替え
・外壁ひび割れ補修
・ウォシュレット取り付け
・換気扇交換
・和室を洋室にしたい
・介護のための修繕
・トイレを洋式に

リフォームは気持ちが晴れ晴れします♪

 ・・・その他
 手すり取付・設備機器の取替え・修理・営繕など、どのような小さい工事でもお気軽にご相談ください。

 

 小さなリフォーム・ちょっとしたリフォームの施工事例は → こちら

 

 

省エネリフォーム @網戸内蔵型の通風「玄関ドア」・「勝手口ドア」への取替え

 今までの玄関ドアや引戸、勝手口のドアなどは、枠は残して(外壁はそのままで)風が通る通風ドアにカバー工法で簡単に取替えリフォームができます

玄関ドアだけ取替えリフォームYKK製・ドアのみ取替え 通風ドアに取替えリフォームトステム(LIXIL)製・ドアのみ取替え

 これによってドアには鍵が掛かるので、網戸を開けたまま(開き具合は何段階かあります)外出や就寝が可能となりました。

 

 上記2例はドア本体だけの取替えで、枠は既存の枠をそのまま利用しました。最初にドアのサイズを測って、メーカーに発注します。出来上がってきたら現場で既存のドアと取り替えます。施工は半日もかからないので、お手軽にできる省エネ・防犯リフォームです


 ドアには防犯上、面格子が組み込まれていますので安心です。

 

 このような通風ドアへの取替えリフォーム浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため任せて安心ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 


省エネリフォーム A断熱・防音性能が格段に向上する「内窓」の取付

  省エネリフォームとしては最もお手軽にできる、内窓を取付ける断熱リフォームです。

内窓をつけると静かになりますYKK内窓「プラマードU」防犯ペアガラス 内窓をつけると省エネになりますYKK内窓「プラマードU]ペアガラス

 今ある窓の内側に(基本は既存の窓枠の内側)新たに断熱サッシを枠ごとはめ込んで取り付ける簡単リフォームです。

 

 これにより、二重サッシとなり気密性が高まるため、断熱・防音性能が格段に向上します。結露もかなり抑制されます。

 

また、ガラスをペアガラスや防犯合わせガラスにすればさらなる性能の向上が図れます。

 

 事前に寸法を測ってメーカー(YKK、リクシル等)に製作を依頼してあるので、施工はスピーディでその日から快適生活が始まります。住んでみると、今までとの違いにビックリされると思います。


いろいろな断熱・省エネリフォームの施工事例は → こちら


 このような内窓の取付などの断熱・省エネのリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」にお気軽にご相談ください。

 

 お問い合わせは → こちら

 


小さなリフォーム 手すりの取付(状況によって介護保険が使えます)

リフォーム後のトイレへの通路に取付けた手すり<トイレ・浴室などへの通路へ> リフォーム後の勝手口に取付けた手すり<玄関・勝手口などの昇り降りに>

 あったら便利!と言うか、付いていると本当に助かる「手すり」です。多く付けられている場所は

 

      ◇階段  ◇トイレ  ◇浴室  ◇玄関の内側  

      ◇玄関へのアプローチや外階段・スロープ  ◇勝手口

      ◇廊下・通路  ◇洗面所  ◇ベットの廻り  などなど

 

 体重が掛かるので、しっかりとした下地が入っていないと付けれません。下地がない場合は今の壁の上から下地用の板を取り付けてから手すりを取り付けます。

 

 お風呂には「浴室用」が、アプローチや外階段には「屋外用」の手すりがありますので、取り付け場所や状況に応じて、手すりの種類が選べます。

 

 工事は1〜2日(付ける数と場所によりますが)で終了しますので、今現在不自由な思いをされているようでしたら、早めに手すりを付けることをお勧めいたします。

 

 また、状況によっては介護保険が使える場合もあります(補助金対応のリフォームの施工事例はこちら)ので手すりの取付リフォームは、優れた腕の大工が社員として在籍している施工実績が豊富な浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」にお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



小さなリフォーム 意外と多い 軒天のリフォーム

リフォーム前のべニアが剥がれた軒天 外回りのリフォームでは、外壁の塗り替え・雨樋の取替え・屋根の漆喰の補修などが多いのですが、意外と多いのが軒天(軒裏天井や霧除け天井など家より張り出している所の天井の総称)の補修リフォームです。

 

 以前に建てた家の軒天は写真のようにベニアを貼って塗装をするか、軒天用の木目調化粧ベニアを貼るのがほとんどでした。

 

 しかしそれですと、年数が経つと水分を吸って合板がブヨブヨになって、強風が吹くとめくれてしまうようなことが結構あるのです。そうなると塗装してもダメですから、貼り替えないといけません。当社でもそういうリフォームが結構あります。

 

 外壁・屋根・外装 の施工事例にも記載してありますが、最近は軒天には不燃性の「ケイカル板」を貼るのがほとんどです。それ自体はめくれてくる心配はありません。

 

リフォーム前のぶよぶよになった軒天

 左の写真のように、ベニアがブヨブヨしてきたらもう限界ですね。

 

 でもほとんどの場合は、この上にケイカル板を重ねて貼る「カバー工法」で補修できますので、比較的安価で早く仕上がります。

 

 でもまれに、屋根から雨水が浸入し、中の木下地を腐らせていることがあるので、その場合はめくって木下地を取替えてから(もちろん屋根からの雨水の浸入は止めます)ケイカル板を貼ります。

 

 もちろん、軒天用の木目調化粧べニア無垢板貼替えやリフォームもできます。

 

 意外と多いのが軒天の劣化です。軒天の補修リフォームなら優れた腕の大工が社員として在籍している施工実績が豊富な浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」にご遠慮なくご相談ください。

 

お問い合わせは → こちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg