屋根・外装のリフォーム施工事例

(2013年以前のものはパソコントラブルでデータが消失してしまったのでそれ以降の事例となります)


事務所ビルの屋上の防水層を作り替える防水のリフォーム 浜松市中区 令和1年9月

 浜松市中区の3階建ての事務所ビルで、屋上の防水シートが台風などでめくれたり破れたりしたのですべてめくって防水層を作り直す、屋上の防水リフォームと、使っていない昔のエアコンを撤去して、天井の室内機の跡を補修する、天井の補修リフォームをしました。

リフォーム前の屋上の防水シート
リフォーム前の屋上の防水シート。下地とはがれて切れているところもありました。このシートをすべてめくります。
防水リフォーム後の屋上

防水リフォーム後の屋上。絶縁工法による塗膜防水工事です。ドレンの金物も取り替えています。

 


リフォーム前の2階の屋上。古くなって使っていないエアコンの室外機がありました。この際だから、使っていないものは撤去します。
防水リフォーム前の2階の屋上

防水リフォーム後の2階の屋上。絶縁工法(屋根の下地に防水塗膜を密着させない)なので、防水層の下の湿気や空気を抜く脱気筒が付いています。
防水リフォーム後の二階の屋上

 

補修リフォーム前の天井
いらなくなった天井埋め込み型のエアコンの室内機を撤去した、リフォーム前の天井。
補修リフォーム後の天井
開口部に下地を組んで下貼りにボードを、上貼りに吸音化粧板を貼った、リフォーム後の天井。

 今回の防水リフォームは絶縁工法・塗膜防水での施工で、<既存のシートのめくり+清掃・下地処理+プライマー塗布+通気緩衝シートの貼り付け+アクリルゴム系塗膜防水塗料三回塗り+上塗り・ウレタン塗料二回塗り>という工程でしました。

 屋根下地に通気緩衝シートを貼ることで屋根下地と縁が切れて、クラックなどの影響が防水層に伝わらないので、防水層が長持ちします。

 

 このような屋上の防水のリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

重い瓦を軽い屋根材に葺き替える屋根の耐震化リフォーム 湖西市M様邸 令和1年8月

 湖西市のM様邸で(当社でのリフォーム4回目)、重い瓦屋根を軽い屋根材・カラーベストに葺き替える、屋根の耐震化リフォームをしました。

葺き替えリフォーム前の瓦の屋根
葺き替えリフォーム前の瓦の屋根。家が古く、耐力壁や筋交いが少ないため、屋根を軽くするのが一番手っ取り早い耐震化のリフォームです。
葺き替えリフォーム中の屋根

瓦と土を撤去して、野地板を貼り直し防水用のルーフィングを貼った、リフォーム中の屋根。
葺き替えリフォーム後の屋根
軽い屋根材・カラーベストに葺き替えた、リフォーム後の屋根。雨樋も取り替えています。


葺き替えリフォーム前の瓦の屋根 葺き替えリフォーム前の瓦の屋根
葺き替えリフォーム後の屋根 葺き替えリフォーム後の屋根

 使用した屋根材は ケイミューのカラーベスト「コロニアルクァッド」 でして、今までの日本瓦と土の合計重量の五分の一程度になり、家への負担がかなり軽減できます。また、一枚一枚を釘で固定する工法なので、強風による飛散やズレを最小限に抑えます。 


 このような屋根を軽くする葺き替えリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせは → こちら

 

 

雨戸と霧除けを取り替え外壁を貼り替える外装のリフォーム 浜松市西区Y様邸 令和1年7月

 前回の続きで浜松市西区のY様邸で、木製の雨戸・戸袋と霧除けを取り替え、外壁のトタンをめくってガルバリウム鋼板の外壁材に貼り替える、外装のリフォームをしました。

リフォーム前の戸袋・霧除け・外壁
リフォーム前の木製の戸袋と霧除け、錆がひどいトタンの外壁。手前にブロック塀があったのですが前回ご紹介したように解体しています。
リフォーム中の戸袋と霧除け
リフォーム中の、霧除けと戸袋を解体したところ。
リフォーム中の雨戸サッシと霧除けの取り付け後
新しい雨戸サッシと霧除けを取り付けたところ。
外装のリフォーム後の外観
外壁のトタンも貼り替えた、リフォーム後の外観。

 

 

外装のリフォーム前の外観 外壁トタンの貼り替え前
外装のリフォーム後の外観 外壁トタンの貼り替え後

 いかがでしょうか。見違えちゃいますよね。これだけ良くなるとやったかいがあります。

 

 このような外装のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の外壁のリフォーム施工事例はこちら



下地を補修し重い瓦を軽量瓦に取替える屋根のリフォーム 浜松市西区A様邸 令和1年6月

 4月に外壁の塗り替えリフォームをさせていただいた浜松市西区のA様邸ですがその時の施工事例はこちら)、その時に屋根のケラバの瓦の納めがいい加減で、雨水が屋根組に回っていることを確認していました。同時に補修をやりたかったのですが、わかった時点では当社も屋根屋もすでに数か月先まで予定が入っていたので、何とか予定を調整してやっと、屋根の下地の腐れ個所の補修と軽い屋根に葺き替えるリフォーム工事ができました。

葺き替えリフォーム前の重い瓦屋根
葺き替えリフォーム前の重い陶器瓦の屋根。
葺き替えリフォーム前の重い瓦屋根とケラバ
ここの角の平瓦とケラバ瓦の納め方がいい加減だったので瓦下に雨水が回ってひどいことになっていました。
葺き替えリフォーム中の瓦屋根
手作業で今までの重い瓦をめくって、下に降ろします。この後、腐っている下地を直して全体に野地板を打ってルーフィングを貼ります。
R0010540.jpg
葺き替えリフォーム後の、軽くなった屋根。今度はしっかりと水処理をしているので安心です。
R0010296.jpg
この屋根は「軽い・強い・美しい」という、私は日本で一番良い屋根材だと思っている、ケイミューの「ルーガ・雅」です。耐震上も数値がグッと上がります。


リフォーム前の屋根のケラバ
角の瓦をめくったら、こんな状態に私も大工も施主も唖然。
リフォーム中の屋根のケラバ
腐っていた野地板をめくるとこんな感じでした。
リフォーム中の屋根のケラバ

かぶせてあった板金をめくるとこんな感じ。これでは釘が効きません。
屋根のリフォーム中のウチの大工
腐っている所を撤去して、下地を作り直しているリフォーム中のウチの大工の二人。四隅とも同じ状態でした。
R0010144.jpg

下地を補修・補強したところ。使える所は使っています。この上に野地板とルーフィングを貼って、修理は完了です。
R0010143.jpg
こちらは、剥がした板金をこの上にかぶせ、屋根を葺きます。

 こういうこともあるのか!というビックリした現場でした。でもお客様には「塗装のため足場を掛けなければわからなかったので、本当に良かった」と大変喜んでいただけました。 


このような大変で難しい屋根の葺き替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせは → こちら

 

 

外壁と屋根、雨樋、破風・鼻隠し板などの外装のリフォーム 浜松市西区K様邸 令和1年5月

 浜松市西区のK様邸で(当社でのリフォーム5回目)、外壁と屋根の塗り替え、雨樋の取替え、破風・鼻隠し板の板金巻きなどの、外装のリフォームをしました。

外装のリフォーム前の外観
外装のリフォーム前の外観。サイディングのコーキングが劣化していて、雨漏りがありました。
外装のリフォーム後の外観

外装のリフォーム後の外観。コーキングはすべて打ち直し、破風・鼻隠し板にはガルバリュウムで板金巻き、雨樋もすべて取り替えています。
   

別の角度から見た、リフォーム前の外観。この前に内部では、すべての窓に内窓を取付けています。
P1200389.jpg

同じ角度から見た、外装のリフォーム後の外観。
外装のリフォーム後の外観

 外壁の塗り替えなどの外装のリフォームの写真は、リフォームの前後がいつも判りにくいですが、今回は色が違いますので判りやすいと思います。

 

 このような外装のリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他の外壁などのリフォーム施工事例はこちら



屋根を葺き直し外壁を塗り替える等の物置の外装リフォーム 浜松市西区K様邸 平成31年3月

 浜松市西区のK様邸で(当社でのリフォーム4回目)、物置の屋根をカバー工法で葺き直し、外壁のトタンを塗り替え、雨樋とシャッターを取替える、物置の外装の全面リフォームをしました。

外装の全面リフォーム前の物置
リフォーム前の物置。実はこのシャッターが昨年の台風で壊れてしまったので、この際だからと全面リフォームをすることになりました。
外装の全面リフォーム後の物置
リフォーム後の物置。屋根を葺き替え、シャッターと雨樋は取替え、外壁や破風板などを塗り替えました。

 


葺き替えリフォーム前のカラーベストの屋根。ご主人がご自分で色を塗ったそうです。台風で一枚飛んでいました。
葺き替えリフォーム前の物置の屋根

今までの屋根の上に野地板を貼った、リフォーム中の物置の屋根。
葺き替えリフォーム中の物置の屋根

全面に防水シートを貼ります。
葺き替えリフォーム中の物置の屋根

ガルバリウム鋼板で立て平葺きにした、リフォーム後の物置の屋根。
葺き替えリフォーム後の物置の屋根

 この物置は、以前ご紹介したのですが(その時の記事はこちら)内部も壁の貼り替えリフォームをしていますので、まるまる生まれ変わりました。

 

 このような外装の全面リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の職人スタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

台風被害の瓦屋根を軽い屋根に葺き替えるリフォーム 浜松市北区K様邸 平成31年2月

 浜松市北区のK様邸で(当社でのリフォーム2回目)、台風で被害を受けた2階の瓦屋根を、耐震性の向上のため軽いカラーベストの軽い屋根に葺き替える、屋根のリフォームをしました。

 こちらのお宅は以前中古住宅で買われたときに、当社で1階部分を全面リノベーションしています。(その時の施工事例はこちら)

リフォーム前の2階の瓦屋根
去年の台風24号襲来後の、飛散した2階の瓦屋根。
リフォーム前の1階の瓦屋根
2階の瓦が落ちてきて割れてグチャグチャになった1階の瓦屋根。
リフォーム前の1階の瓦屋根
同じく1階の瓦屋根。台風が来た翌日に電話があり、様子見と養生に伺ったらこの状態でビックリでした。
2階の瓦で葺き直したリフォーム後の1階の瓦屋根
2階の瓦の残骸や割れた瓦を撤去し、2階の割れていない瓦を下して葺き直したリフォーム後の1階の瓦屋根。当社の全員(と言っても4人ですが)でやりました。
養生をした2階の瓦屋根
瓦を片付けて雨養生をした2階の瓦屋根。こちらの修復はさすがに屋根屋さんでないと無理なので後は専門家に任せます。

 


葺き替えリフォーム前の2階の瓦屋根。上の養生をしてからリフォームするのに4か月かかりました。
葺き替えリフォーム前の瓦屋根

2階の廻りに足場と養生ネットを掛けました。
足場が掛かったリフォーム中の2階の瓦屋根

瓦と瓦土をすべて降ろして、野地板と防水シートを全面に貼り、カラーベストで葺いた、リフォーム後の2階の屋根。
P1180248.jpg

当社で雨樋を取付けて、リフォームが完成した2階の屋根。屋根の重さは1/5程になり耐震性がグンと向上しました。
カラーベストに葺き替えたリフォーム後の2階の屋根

 以前リノベーションしたときに、耐震性の向上のため屋根を軽くしたかったのですが、予算の関係で次回にしましょう、となっていたので、ちょうど良い機会でした。

 

 このような屋根を葺き替えるリフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

台風で破損した瓦屋根をカラーベストに葺き替えリフォーム 湖西市O様邸 平成31年1月

 湖西市のO様邸で(当社でのリフォーム2回目)、台風で瓦の屋根が飛散して被害が出たので、この際だから耐震上屋根を軽くするためカラーベストに葺き替える、屋根のリフォームをしました。

葺き替えリフォーム前の瓦屋根
葺き替えリフォーム前の、台風で被害が出た瓦の屋根。
葺き替えリフォーム前の瓦屋根
同じく反対側の瓦屋根。今まで養生シートが貼ってありました。
葺き替えリフォーム中の屋根
瓦と瓦土をすべて撤去して、野地板を貼り直しています。
葺き替えリフォーム中の屋根
新しい野地板を全面に貼った、葺き替えリフォーム中の屋根。
葺き替えリフォーム中の屋根
防水用のアスファルトルーフィングを全面に貼ります。
葺き替えリフォーム中の屋根
ケイミューのカラーベスト「コロニアルクアッド」
 を屋根職人が下から葺いていきます。
葺き替えリフォーム後のカラーベストの屋根
カラーベストに葺き変わった、リフォーム後の屋根。この後、雨樋を取付けて完成。
葺き替えリフォーム後のカラーベストの屋根  

 このお宅は古い建物でして耐震性に問題があり、ちょうど良い機会なので、瓦の5分の1程度の重さしかないカラーベストに葺き替えることにしました。屋根を軽くするだけでもかなり耐震性が向上するのです。

 

 このような屋根を葺き替えるリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg