外壁サイディングの一部を貼り替えリフォーム 浜松市北区 K様邸

 浜松市北区K様邸で、「家の内部に雨水が侵入して窓枠や壁がひどい状態になっているので、見てほしい」とのご連絡をいただき調査をしたところ、サイディングが反っていたり、コーキングが切れていたりして、外壁からの雨漏りによる侵入が原因ではないかと思われました。

 

 そこで、内部の壁をめくって壁内を調査したところ、やはり雨漏りで壁組の木材がかなり腐っていることがわかったので、それらの補修・補強を考えて必要個所のサイディングをめくって下地からやり直すことになりました。

貼り替えリフォーム前の外壁

今までの外壁。サイディングが反ったり、コーキングが切れたりしているのがわかります。
サイディングをめくったところ

とりあえず1階部分のサイディングをめくったところ、こんな状態にビックリ。急遽、足場を組んで2階もめくることにしました。
木材がかなり腐っていました

防水シートと合板をめくったら、雨漏りでこんなに木材が腐っていました。
下地補強のリフォーム中

足場を組んで2階部分もめくったらやはり腐っていて、補強の下地を入れました。
腐ったところをリフォーム

補修・補強工事が済んで、断熱材をいれたところ。この後、構造用合板を全面に貼って、防水シートを貼ります。
外壁の貼り替えリフォーム中

合板・シートを貼って、サイディング用下地の横胴縁を打ったところ。
外壁の貼り替えリフォーム後 新しいサイディングは既存と同じ柄のものはないので、近い柄のもので、ケイミューの「エクセレージ・親水14(角モザイク)」を貼って完成しました。

 こちらのお宅は雨漏りでの腐食被害がかなり広がっていましたので、大掛かりなリフォームになりましたが、あやしいと思ったら早めに診断して手を打てばリフォーム範囲は小さくてすみ、家への被害も少なくてすむので雨漏りは早期発見・早期治療(リフォーム)が一番です。

 

 このような外壁診断や外壁貼り替えリフォーム外壁診断士がいる、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

▲このページのトップへ戻る

inquiry_mail.jpg