クラックの入った布基礎と犬走りを解体して作り直す基礎のリフォーム 令和2年12月 磐田市

 磐田市のお宅の3回目は、かなりひどくクラックの入った台所の角の布基礎と、内部の土が流出している犬走りのコンクリートを解体してしっかりと作り直す、基礎のリフォームのご紹介です。

リフォーム前の布基礎と犬走り
リフォーム前の
、台所の角のコンクリートを打ってある犬走りと布基礎。犬走りの中の土は流れ出ていて空洞です。
布基礎の立ち上がりに入ったクラック
 
布基礎に入っているクラック。向こう側にも同じように入っているので、当初は地盤が下がって入ったと思っていました。
 犬走りをハツリ・解体したリフォーム中  

トタンをめくって犬走りを解体した、リフォーム中の基礎。同じ高さにクラックが入っているのがわかります。
 布基礎が爆裂した内部の状態
 

台所の床を解体して室内の基礎を見たら、こんな状態でした。鉄筋の腐食・膨張によるコンクリートの爆裂でした。
 リフォーム中の解体した布基礎の立ち上がり


布基礎の立ち上がりを解体したところ。縦筋が入っていなくて、横筋はなんと同じ高さに二列に入っていました。一見頑丈そうに思えますが実はこれがダメなのです(後述)。
配筋中の新しく作る布基礎

勝手口ドアまでの片側の布基礎を解体して、新しく作る布基礎のベースの準備をしています。
ベースを打った新しい布基礎
 
ベースを作った後、立ち上がりを打つので配筋をして型枠を入れます。もう一方の布基礎は建物が下がるといけないのでこれが出来てから壊します。
 もう一方をリフォーム中の布基礎


台所の中から見た、L型のもう一方の布基礎を解体して、ベースを打っているところ。
犬走りのリフォーム中
 
L型に布基礎を作り直し、補強を兼ねた犬走りも作り直している、リフォーム中の基礎。
 リフォーム後の布基礎と犬走り
 

リフォーム後の台所の犬走りと布基礎。勝手口のドアやサッシを取り替え、外壁トタン・雨樋をやり替えています。

 

 
こちらは台所の中から見た、和室との境の布基礎の立ち上がり。ここも爆裂しています。台所にベタ基礎を打つので新たに和室側と両方に立ち上がりを作って、これを挟み込みます。
リフォーム中の布基礎の立ち上がりとベタ基礎
 
ベタ基礎のコンクリートを打ったところ。この縦筋に横筋を絡めます。
ベタ基礎にコンクリートを打ったリフォーム中
 
昔どこかのシロアリ消毒屋が壊した基礎の開口部もコンクリートでふさぐので、反対側に型板を入れています。
立ち上がりに横筋と型枠を組んだリフォーム中
 
リフォーム後の、和室との境の基礎に添えて作った立ち上がりとベタ基礎。今までの基礎が弱くてアンカーで接続できないので反対側にもこれと同じ基礎を作って、爆裂した基礎を挟んでいます。
リフォーム後の立ち上がりとベタ基礎

 地盤沈下によるクラックだと思っていたのが爆裂によるものだとは、開けてビックリでした。上で書いた横に二列に鉄筋を入れてあるのがなぜダメなのか。

 建築基準法にコンクリートの「かぶり厚さ」(鉄筋の表面から外気までの厚さ)という規定があって、立ち上がり部は40o以上取らないといけないことになっています。写真で見るように立ち上がりの幅120oの所に2本入っているので、両側とも30o程しかありませんでした。

 このため細かいクラックが入って水分が侵入し、鉄筋が腐食・膨張して、大きなクラックになってコンクリートが爆裂したと思われます。(爆裂とは、コンクリート内部の鉄筋が水分などで腐食・膨張してコンクリートを押し出しクラックを発生させはがれさせる現象です)

 ここ以外はこれほどひどい状態の基礎はなかったので、とりあえずは良かったです。

 

 このような犬走りや布基礎を作り直すリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら、施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のリフォーム施工事例はこちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg