◆浜松市北区 K様邸 (2016年8月〜12月)

中古住宅のリノベーション 最終回<完成編1> 浜松市北区 平成28年12月

 4か月にわたっての浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームが完成しました。こちらはご主人がDIYが得意で大好きですので、内装の仕上げや外壁の塗替えなどはご自分でやりたい、というご要望でして当社の工事としては、内部はボード貼りまで、外壁はサッシ廻りの板金まで、となっていました。

リノベーション前の平面図
リノベーション前の現状の簡単な平面図。真ん中の廊下から下は増築してありました。全体の広さは結構あります。
リノベーション後の平面図
リノベーション後の平面図。かなり補強したのがわかると思います。この図には書いてありませんが、柱と土台を取替えた所がたくさんあります。



解体リフォーム前の玄関から見た台所。左のドアの所は浴室です。
リフォーム前の台所

リフォーム後の玄関から見た台所。床はコンクリート打ちの金鏝仕上げです。
リフォーム後の台所

 

リフォーム前の玄関方向
解体リフォーム前の台所から見た玄関やお風呂や勝手口。
リフォーム後の玄関方向
リフォーム後の同じ場所から玄関を見たところ。勝手口やお風呂がなくなっています。

 


リフォーム前の和室の8帖。私が下見に伺ったとき最初にこれを見たので、ビックリしました。
リフォーム前の室内

リフォーム後の同じ所を見た写真です。元の姿が信じられません。
リフォーム後の室内

 

リフォーム前の廊下
リフォーム前の中央の廊下。元の家から増築した接合部がこの上にあり、そこに入っていた谷樋から何年間も雨水があふれていてこの状態に。
リフォーム前の廊下の天井
同じ所から天井を見た写真。この天井(と言ってもほとんど崩れ落ちていますが)の上に谷樋があります。
リフォーム後の廊下
リフォーム後の同じ場所です。奥のドアはトイレでして、このお宅のリノベーションで当社が取付けた唯一の建具です。

 以前の状態を知っている人にとっては、この出来上がりを見たら信じられないでしょうね。本当にウチの大工共々遣り甲斐のある現場でした。

 

 このような中古住宅のリノベーション・大規模リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

その他のリノベーション・大規模リフォームの施工事例はこちら



中古住宅のリノベーション 最終回<完成編2> 浜松市北区 平成28年12月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームのご紹介の、いよいよ最終回です。他の現場の仕事をやりながらのリフォームでしたので、施工に4か月も掛かってしまい、お施主様には本当に申し訳なく思っています。ここを借りまして改めて御礼申し上げます。


 最後ですのでわかりやすいように、いままでご紹介した写真も掲載いたします。

外観(サッシの取替えリフォーム前と取替えリフォーム後)
リフォーム前の玄関引戸<玄関>
リフォーム前の戸袋とサッシ<戸袋とサッシ>
リフォーム後の玄関引戸 リフォーム後の戸袋とサッシ
   
   
リフォーム前の勝手口付近<勝手口などの裏側>
リフォーム前の掃き出しサッシ<南側の掃き出しサッシ>
リフォーム後の勝手口付近 リフォーム後の掃き出しサッシ

 

内観(クロスなどの仕上げはお施主様ご自身でなさいます)
リフォーム後の台所
玄関と台所。当社はこの状態のコンクリート仕上げで引き渡し。
クッションフロアーを貼った台所
ご主人がご自分でクッションフロアーを貼りました。手前の玄関の土間にも貼っています。
奥の換気扇とキッチンセットはお施主の支給品で、当社で取付け。

玄関横のフリールーム。こちらもこの状態でお引渡し。
リフォーム後のフリールーム

台所と床がつながっているのでいるので、同じクッションフロアーをご主人が貼りました。
クッションフロアーを貼ったフリールーム
   
リフォーム後の寝室<寝室> リフォーム後の寝室の収納スペース<寝室>
リフォーム後の居間<居間>
リフォーム後の浴室
<浴室(TOTOサザナ1616)>
リフォーム後の洗面・洗濯・脱衣場<洗面所>
(器具は御支給、受け台はご主人の手作り)
リフォーム後の階段下の収納スペース
<階段下の収納スペース>
リフォーム後のトイレ<トイレ(器具は御支給品)

 このようにユニットバス以外はお施主様の御支給品を取付け、建具はトイレのみの取付けで、あとはすべてオープンでの引き渡しでした。もちろんこの後開口部には、ご主人がご自分でアコーデオンカーテンなどを取付けられます。

 

 このように当社ではお施主様のご要望になるべく沿うように、御支給品などに対しても柔軟に対応しています。

 

 このような中古住宅のリノベーション・大規模リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

このリノベーションのその他の施工事例はこちら



中古住宅のリノベ その1<解体> 浜松市北区 平成28年8月

 中古住宅の1階の内部のすべてを作り替えるリノベーション・大規模リフォームが始まりました。

 

 ある日、「すごい中古住宅を買ったんだけど見ていただけますか」とのお電話があり早速お伺いすると、長い間、人が住んでいなかったため、ちょうど家の真ん中にある谷樋に落ち葉がつまって雨水がオーバーフローしていて、下の部屋の中がグチャグチャになっていました。

 

 「うーん、すごいですね(失礼)。でも大丈夫です。きれいな家に生まれ変われます」と1階の内部の全面とすべてのサッシの入れ替えのリノベーション大規模リフォームをすることになりました。2階はきれいでしたのでお子様の部屋にされるそうで、ご主人がご自分でリフォームされることに。

リフォーム前の台所

リフォーム前の玄関から入ったキッチン。ちょっと暗くてわかりづらく、申し訳ありません。この手前にトイレと洗面所とお風呂があります。
解体リフォーム中の台所

解体リフォーム中の台所。ウチの大工のサトシ君と応援の子が解体作業をしています。手前の柱がある所は、お風呂だったところです。
解体リフォーム後の台所

解体リフォーム後の台所。左に見える煙突は風呂釜のものでしたが、利用するかもしれないとのことで、残しました。この後、ここは土間にコンクリートを打ち、それが仕上げとなります。

 



リフォーム前の上記の台所を反対側から見たところ。風呂釜が見える所がお風呂です。この煙突を残しました。隣にある勝手口は壁になります。
リフォーム前の浴室など


解体リフォーム中。手前がお風呂、向こうに洗面所とトイレがありました。右側の窓のうち、真ん中の洗面所の窓だけ新しくして、浴室と奥のトイレの窓は壁になります。
解体リフォーム中の浴室など


解体リフォーム後の台所から玄関を見たところ。柱は小屋組みに補強を入れて撤去しました。
解体リフォーム後の台所から玄関をみる

 

リフォーム前の和室など

リフォーム前の台所から和室6帖と廊下・奥の和室8帖を見たところ。この廊下の上に谷樋があって溢れ出た雨水が下に落ちて、あちこち腐らせていました。
解体リフォーム中の和室など

解体リフォーム中のサトシ君。基本的に当社は1軒丸ごと以外の解体に当たっては解体業者に頼むのではなく、ウチの大工が状態を見ながらやるようにしています。
解体リフォーム後の和室など

解体リフォーム後の和室。手前の6帖の部屋は浴室(窓のところ)と洗面所に、隣の廊下はトイレに、奥の和室は洋室の寝室になります。

 いやー、解体したらやはりすごいことになっていました。続きは後日。

 

 このような中古住宅のリノベーション・大規模リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら


 

中古住宅のリノベ その2<解体と補強> 浜松市北区 平成28年8月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの二回目は解体の続きと補強リフォームのご紹介です。

解体リフォーム後の通し柱
解体したら、こんなことになっていてビックリ!

しかもこの柱、2階まで一本の通し柱だったんです!これで良しとしていた建築会社(大工?)もすごい。
通し柱の補強リフォーム後
補強リフォーム後の通し柱と筋違

補強のリフォーム後。通し柱なので取替えるわけにもいかず、基礎を増し打ちして(ベタ基礎)、ホールダウン金物を取付け、筋違を取付けしました。
手前の土の所は玄関なので、最後にコンクリートを打ちます。

 


こちらは中間にある廊下の所の軸組。なんとここは基礎の人通口の上の土台に柱が乗っているところが3ヶ所もでてきました。当然こんなことをしてはダメですよね。
土台も柱も腐っていたので取替えることにしました。
解体リフォーム後の土台と柱
解体リフォーム後の土台と柱

柱の取替えリフォーム中。梁を支える補強の柱をジャッキで固定して、土台を取替え新しい柱を入れている当社の大工。
柱の取替えリフォーム中

土台と柱の取替えリフォーム中。向こう側の列の土台は取り替わって柱を入れています。手前の列はこれからです。
土台と柱の取替えリフォーム中

土台と柱の取替えリフォームが出来上がりました。もちろん人通口を避けて柱を立てました。土間は防湿・防蟻や耐震補強のために全面にコンクリートを打ちました。
土台と柱の取替えリフォーム後

取替えリフォーム後の柱。ここだけで9本の柱と4本の土台を取替えました。この後、筋違を入れていきます。
柱の取替えリフォーム後

 いやー、解体してみないとホントにわからないものですね。ある程度の状態は想像していたのですが、こんなにすごいことになっているとは、想定外でした。

 

 でも、こうなると余計に私も大工も力が入ってきました。絶対しっかりとした家に直してやるぞ!と。

 

 このような中古住宅のリノベーション・大規模リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



中古住宅のリノベ その3<土間コン打> 浜松市北区 平成28年9月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの3回目は、屋内のすべての土間にコンクリートを打つリフォームのご紹介です。

 

 最初の予定では、玄関〜台所(1ルームにした)と隣の元和室の8帖に、床の仕上がりをコンクリートにしたいとのお施主様の御要望だったので、その二部屋にコンクリートを打つつもりだったのですが、解体したら他の部屋の土間のレベルが外の地面より低いことがわかり、急遽お施主様と相談してシロアリ予防や耐震補強も兼ねて全面にコンクリートを打つことにしました。

土間コンの打設リフォーム前
土間コンの打設リフォームの前。こちらは元は和室の6帖でしたが、浴室と洗面・洗濯・脱衣所になります。
土間コンの打設リフォーム後
土間コンの打設リフォーム後。窓の所が浴室になる所です。手前の洗面所の所にも排水配管を先行して立ち上げ、その後土間コンを打ちました。

 


解体リフォーム後の和室の8帖が二つ並んでいたところ。サトシ君が柱の取替えの作業をしています。
土間コンの打設リフォーム前

土間コンクリートの打設のリフォーム中。今までの土間の上に砕石を入れて転圧して、防湿シートを敷き、メッシュ筋を入れてコンクリートを打つ準備をします。
土間コンの打設リフォームの準備中

土間コンの打設リフォーム後。コンクリートの厚さは100mmです。
土間コンの打設リフォーム後

 

土間コンの打設リフォーム前
土間コンの打設リフォーム前の元和室の8帖。こちらは土間コンがそのまま床の仕上がりになるので、砕石をたくさん入れてレベルを上げています。
土間コンの打設リフォームの準備中
防湿シート・メッシュ筋を敷いてコンクリートを打つ準備中。手前に見えるのが、前回ご紹介した問題のあの通し柱です。
土間コンの打設リフォーム後
土間コンの打設リフォーム後。これが仕上がりのため、他の部屋とは違って土台までコンクリートが達しています。元の押入れ・床の間も合わせて10帖分のフリースペースとなります。

 解体して、えっ!?ていうのがどこのリフォームの現場でも多々ありますが、その場合はお施主様とよく打ち合わせをして最善の方法で対処するようにしています。

 

 このような土間コンの打設リフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕のスタッフが揃っている浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 


中古住宅のリノベ その4<耐震補強> 浜松市北区 平成28年9月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの4回目は、耐震補強リフォームのご紹介です。


 解体してわかったことは、柱や土台が悪い(腐っているし柱の建っている場所がダメ)、筋違が入っていない、入っていても入れ方が悪い(耐震補強になっていない)など、でした。


 そこで柱・土台を入れ替えながら筋違も入れ直したり、足りない場所に新たに入れたりする耐震補強のリフォームをしました。

リフォーム前の古い筋違
解体後、筋違の取替えリフォーム前。柱の途中に入っていました。胴差・梁と柱の交点に入れないといけません。
リフォーム前の土台と柱と筋違
こちらは、柱も土台も筋違も腐っていましたので取り替えます。
リフォーム前の古い筋違
こちらも柱の途中に入れてある筋違。こういう所が何ヶ所も出てきました。
リフォーム前の古い筋違
リフォーム前の筋違の下の方。土壁を撤去したら出てきました。



リフォーム後の筋違。45×90の大きさのものを柱と胴差との交点に筋違金物で取付けます。
リフォーム後の新しい筋違と金物

こちらは通し柱と取替えた筋違。通し柱は土台に釘止めだけだったので、ホールダウン金物を基礎に穴を開けてケミカルアンカーで取付しました。
リフォーム後の筋違とホールダウン金物

こちらは土台・柱・筋違をすべて取り替えて、筋違金物を取付けたところ。この後、土台と柱をフラットプレートでビス止めします。
リフォーム後の新しくなった土台と柱と筋違

 このように全部で20ケ所程、筋違を取り替えたり、新たに入れたりして耐震性を高めるリフォームをしました。

 

 このような耐震補強のリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 


中古住宅のリノベ その5<床組> 浜松市北区 平成28年9月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの5回目は、床組と下地合板貼りのリフォームのご紹介です。


 3回目にご紹介した土間コンの打設リフォーム後に、充分に養生期間をとってコンクリートを乾燥させてから床組をします。

床組リフォーム中の当社の大工の親方
寝室とリビングの床組リフォーム中の当社の大工の藤田親方。レーザーレベルで高さをみて、大引きを水平に取付けています。
床組リフォーム中の寝室とリビング
床組が出来上がりました。今は束は金属製を使います。木割れやシロアリの心配をしなくてすみます。
床下断熱材の敷き込みリフォーム中
床下断熱材をしっかりと隙間なく敷き込みます。真ん中に立っている2本の柱の所は、両側の部屋からのそれぞれのクローゼットになります。
床組リフォーム中の下地合板を貼ったところ
フローリングの下地用に耐水合板を貼ったところ。この下地合板が地震の水平力に対抗しますので重要なのです。

 


浴室と洗面・洗濯・脱衣所と廊下になるところ。大引きを入れました。
床組リフォーム中の浴室と洗面・洗濯・脱衣所と廊下

床組してないところが浴室です。この後ここにユニットバスを組み立てます。大引きの間に入っている細い材木は断熱材の垂れ下がるのを防ぐためのものです。
床組リフォーム中の浴室と洗面・洗濯・脱衣所と廊下

洗面所にはまだですが、床下断熱材を敷き込んだところ。歩くのに危ないので廊下の所に道板を置いてあります。右側の階段下は物入れとなります。
床組リフォーム中の浴室と洗面・洗濯・脱衣と廊下と物入れ

 このように床組・下地合板を貼った後、天井組をしてフローリングを貼り壁組をしていきいます。

 

 このような床組も、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら

 

 

中古住宅のリノベ その6<サッシの取替え> 浜松市北区 平成28年9月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの6回目は、サッシの取替え・取付けのリフォームのご紹介です。

リフォーム前の勝手口と高窓
 リフォーム前の台所の勝手口と高窓。勝手口には薪で風呂を沸かす風呂釜が付いていました。
リフォーム中の台所
上の写真とは反対側から見た、 前にもご紹介した解体後の台所。手前の窓のところがお風呂でした。
リフォーム後の元の勝手口と掃き出し窓
 サッシの取替えリフォーム後の台所。勝手口だったところは筋違を入れて壁に、お風呂と奥のトイレの窓も壁に、手前の高窓は掃き出し窓にしました。

 

 

リフォーム前の南側の8帖の和室の掃き出し窓。同じような部屋が隣にもあります。
リフォーム前の和室の掃き出し窓
 
サッシの取替えリフォーム中の当社の大工達。古い窓を外して、新しいサッシを付ける準備をしています。
当社の大工がリフォーム中の掃き出し窓
 
サッシの取替えリフォーム後の元和室の8帖。
取替えリフォーム後の掃き出し窓

 

サッシの取替えリフォーム前
 リフォーム前の玄関横の元和室の8帖から見た廊下と奥の8帖の和室。右の高窓は掃き出し窓にします。
サッシの取替えリフォーム後  
サッシの取替えリフォーム後の奥の元和室の8帖。
高窓を掃き出し窓に取替えリフォーム後
こちらは玄関横の元和室の高窓を掃き出し窓に取替えリフォームしたところ。

 


サッシの取替えリフォーム前の元和室の6帖。奥は廊下と和室の8帖。
サッシの取替え・取付けリフォーム前
 
サッシの取替えリフォーム後。元の高窓を小さくして浴室に。手前が壁を開口して洗面・洗濯・脱衣所のルーバー窓にしたところ。奥のトイレとの境の壁に筋違を、手前の壁にはたすき掛けで筋違を入れているのがわかります。
サッシの取替え・取付けリフォーム後

 これ以外すべてのサッシを、ペアガラスの断熱サッシに入れ替えました。この後、それぞれのサッシに木枠を取付けますが、それはまだ先です。

 

 このようなサッシの取替えリフォームも、リフォーム経験豊富な優れた腕の大工が社員として在籍している浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



中古住宅のリノベ その7<ユニットバスの組立> 浜松市北区 平成28年10月

 浜松市北区の中古住宅のリノベーション・大規模リフォームの7回目は、ユニットバスを組立る浴室リフォームのご紹介です。

 

 通常の浴室リフォームと違ってこちらは新築と同じようなものですので、床組をしてレベルが決まったら間仕切り壁を作る前にユニットバスの組立をします。

ユニットバスの組立リフォーム前
ユニットバスの組立リフォームの前。床組をして床のレベルが決まったら間仕切り壁を作る前に組み立てます。左奥の床組がない所が浴室ですのでそこに組み立てます。
ユニットバスの組立リフォーム後
ユニットバスの組立リフォームが完成しました。通常のリフォームに比べたら周りに壁がないので組立も楽ですよね。
ユニットバスの周りに壁組
組立後に周りに壁を作って浴室にしていきます。

 こちらのユニットバスは当社お勧めの高機能満載の TOTO[サザナ」 です。

 

 このようなユニットバスの浴室リフォームも、浜松市のリフォーム専門の工務店「優建築工房」なら施工実績が豊富なため安心してお任せいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは → こちら



▲このページのトップへ戻る

inquiry_maila.jpg